人間は乗り遅れた電車に次の駅で追いつけるか?「ヒトvs地下鉄」の究極バトル!

ロンドン地下鉄の一区間を、ランニングで競争して同じ電車に乗り込むことは可能なのだろうか?

YouTubeチャンネル“Epic Challenges”の挑戦は果たして成功したのか、ご確認いただきたい。

“Epic Challenges”は、ユーチューバーのジェームス・ヘプトンストールさんとノエル・キャロルさんにより開設されたYouTubeチャンネル。

動画はロンドン地下鉄ディストリクト線のブラックフライアーズ駅から始まるのだが、ランナー役のヘプトンストールさんが電車との競争に挑むのは、次のマンションハウス駅からキャノンストリート駅までの一区間である。

同区間を走る地下鉄のラップタイムは、1分20秒。

彼はその限られた時間で380メートルのルートを走り抜け、かつ2台の改札機と75段の階段を越えなければならない。

駅で彼の到着を迎えた乗客の拍手も温かく、どこかホッコリするチャレンジ動画である。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Epic Challenges)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】ウェンディーズやマクドナルドから「店員のスマイル」が完全消滅する日

【関連】週刊文春が見逃した「森友学園」問題の核心。麻生太郎副総理に飛び火か?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい