新型ゲーム機『スイッチ』生産倍増で任天堂の株価はどこまで伸びるか?=坂本彰

任天堂<7974>が新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の好調を受け、18年3月期の生産計画を1600万台に引き上げ。これは大ヒット機『Wii』に並ぶ生産ペースで、好業績が期待できます。(『日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン』坂本彰)

大相場になるか?株価のピークは?大ヒット機『Wii』の夢よもう一度

任天堂、新型ゲーム機『ニンテンドースイッチ』生産計画を2倍に引き上げ

3月3日に販売した任天堂<7974>の新型ゲーム機『ニンテンドースイッチ』ですが、17日、好調な需要を受け、2018年3月期の生産計画を少なくとも2倍に引き上げることを決めたそうです。

当初800万台だった生産計画を1600万台に引き上げるとのこと。開始1年目の生産ペースとしては、据え置き型ゲーム機として唯一、世界累計販売台数で1億台を突破した大ヒット機『Wii(ウィー)』に並ぶそうです。

【関連】知らなきゃ損する!「高配当株・優待株」の最新投資戦略(2017年版)=坂本彰

任天堂の広報担当者からコメントは得られなかったため、信憑性のほどは何とも言えません。他の様々な内容についてもノーコメントで一貫しているため、この報道が正しいか嘘かは正確に判断できませんが、1台3万円で単純計算してみても、売上高で4800億円となります。

2017年度の売上高予想は4700億円ですが、本業の成績である営業利益はマイナスです。投資有価証券売却益もあり純利益は大きく伸びておりますが、2018年度は好業績が期待できそうです。

世界累計販売台数1億『Wii』発売以降の業績

参考までに、Wiiの発売は2006年12月でしたが、2007年以降の業績は下記の通り。

2007年:売上高は9665億円、純利益は1742億円
2008年:売上高は1兆6724億円、純利益は2573億円
2009年:売上高は1兆8386億円、純利益は2790億円

このように、数年間に渡り増収増益が続いています。ニンテンドースイッチも、このように推移していくでしょうか?

任天堂<7974> 月足(SBI証券提供)

任天堂<7974> 月足(SBI証券提供)

ちなみにWiiの時は2007年に株価が7万円台まで上昇、大相場となりました。業績よりも株価が先取りする傾向が強いため、2017~2018年あたりが株価の天井と予想しています。

Next: 『ゼルダ』新作が最速販売記録を更新、知名度の高い新作ソフトも続々登場

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい