アベノミクス相場半値押し14,809円に注目。ドル円は精々100円割れまで=山崎和邦

英EU離脱に見舞われた激動の週末。下げ幅だけで言えば約16年ぶり、歴代下げ幅としては8番目だった。こういう時は、まずファンダメンタルズから見て落ち着くことだ。 (山崎和邦)

※本記事は、有料メルマガ『山崎和邦 週報『投機の流儀』(罫線・資料付)*相場を読み解く【号外・山崎動画】も配信』2016年6月26日号の一部抜粋です。今月分すべて無料の定期購読はこちらからどうぞ。割愛した本文、チャートもすぐにご覧いただけます。

英国ショックに揺れた東京市場。株価と為替の底値を考える

アベノミクス相場の半値押し14,809円

英EU離脱に見舞われた激動の週末。下げ幅だけで言えばITバブル崩壊の2000年4月以来約16年ぶり、歴代下げ幅としては8番目だった。

こういう時は、まずファンダメンタルズから見て落ち着くことだ。

【関連】野村證券、我が心の故郷~「年末日経1万9000円」予測に想うこと=山崎和邦

日経平均のPBR1.0倍割れは一時的にあっても、それは異常中の異常なことだから長続きはしない。 因みに現在のPBR1.0倍は14,600円。まさしく、アベノミクス相場の半値押し14,809円と概ね符合する。但しこれは一つのメドであって通過点なのかもしれない。

日経平均2月12日安値時との比較

日経平均2月12日安値時との比較

日本円と米ドルは、ポンドやユーロに対し、安全通貨として共に選好されやすく、波乱時の通貨の安全港として使われやすい。 従ってポンド・ユーロに対して「ドル高かつ円高」という現象を生むだろうから、本稿が常に気にしていた円相場は対ドルでは100円を大きく割り込むことはない。あっても一時的だろう。

世界の市場は「英国EU残留見込み」で離脱派を見くびっていたから、その分だけが下がるのであって、金融市場にこれから大きな衝撃が起きるわけではない。一定程度は織り込まれた。

しかし週末は出来高、売買代金ともに久しぶりとなる4カ月ぶりの大商いだったとは言え、週末でセリング・クライマックスを迎えたとは考えない方がいいだろう。

今後、主要国が危機回避に向けて金融緩和やドル資金の供給、財政出動に踏み切れば、予想PER13倍、1ドル100円で落ち着くだろう。その日経平均は15,400円程度となる。但し、そのレベルに収斂するまでに何回かの波乱はあり得るということである。

日経平均PERチャート

日経平均PERチャート

ドル円はせいぜい100円割れ

英ポンド、ユーロが売られ、米ドル、円が買われるシナリオになろう。 当事国である英ポンドは大いに売られ、ユーロも売られる。逃避先として円が買われるが、米ドルも買われるから対ドルでは大きな円高にはならない。

せいぜい100円割れくらいか。

アベノミクス始動以来の半値押しは102円がらみで、週末はそのレベルだが、史上最安値から昨年6月高値125.8円までの半値押しは100.4円である。 それを深く割れば財務省の円売り介入、日銀の金融緩和催促相場となろう。

政策当事者、日銀、学者の質から考えて、円高有害に無関心だった往年の75円時代のような一本調子の円高は想定しにくい。日銀による臨時会合開催の思惑もあり、市場の動揺が長期化するとは思えない。

ドル円の日足ローソク足は大きな下ヒゲを至現

ドル円の日足ローソク足は大きな下ヒゲを至現

今回はリーマン・ショック時と違い、日銀が「まさかの時のためにポンドを沢山用意しておけ」とメガバンク等に言い聞かせていたこともありパニックは起きない。

Next: ドル円「10ヵ月線-13%」のアノマリー/日本企業は減益含みだが

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー