切磋琢磨(きっさぶたまろ)は序の口。国語辞典編纂者が集めた「誤読」コレクション!

誰もが一度は経験する、言葉の「誤読」。

では実際のところ、人はどういう単語を読み違えているのだろうか?

国語辞典編纂者の飯間浩明(@IIMA_Hiroaki)さんがその謎に迫った。

呼びかけにより集まった、多数の間違い。

そのなかでも際立って特徴的だったものをこちらの「」にまとめられたそうだ。

あくまで個性・個人的なものを主にチョイスしたそうで、「月極(げっきょく」や「雰囲気(ふいんき)」などメジャーどころは除外されているとのこと。

もちろんただアンケートをとって終わり、ということはなく言葉の専門家らしい考察もしっかりと披露されている。

皆さまも、なにか面白い「読み違い」ありますでしょうか?

■Twitter上の反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】真面目な日本人ほど「子どもを貧困に追い込む」ダメ親になりやすい=山田健彦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい