日経平均は142円高でスタート、仏大統領選第1回投票を控えてこう着感の強い展開

マネーボイス 必読の記事5本

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;18573.11;+142.62
TOPIX;1485.34;+12.53

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値からやや上げ幅を広げてのスタート。ランチタイムの225先物は18460-18480円辺りでのもち合い。昼のバスケットは差し引き売り買い均衡との観測。円相場は1ドル108円90銭台で、朝方からやや円安方向に。日経平均は前場に引き続き小幅な動き。23日の仏大統領選第1回投票を控えていることもあって、こう着感の強い相場展開となっている。

 セクターでは、米大手銀の好調な17年1-3月期決算の流れを受けた銀行や証券・商品先物取引業などの金融セクターの他、輸送機器、ゴム製品などが堅調。売買代金上位では、業績回復が確認されているキャノン<7751>の他、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、ソレイジアF<4597>、シャープ<6753>、トヨタ自<7203>、東芝<6502>、enish<3667>、東京エレク<8035>、ホンダ<7267>、SUMCO<3436>などが堅調に。一方で、任天堂<7974>、SUBARU<7270>、スタートトゥ<3092>、コマツ<6301>などはさえない。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい