結婚後の夫を「玉の輿」に改造!? 妻の私が実行した3つのステップ=川畑明美

仕事大好き人間だった私ですが、結婚して子どもが生まれたことで、「家にいる時間を増やしたい」という考えに変わりました。でも、家計の収入が落ちてしまうのは困ります。そこで考えたのが、「主人に玉の輿になってもらう」ことです。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

乗れなくても大丈夫!? 結婚後でも間に合う「玉の輿」の作り方

自分で作るのが確実

私の学生時代はバブル期だったので、短大卒業しても「家事手伝い」と称して就職しない方々がいました。私のクラスにもそういう方がいて、男性を評価するのにも、「玉の輿」に乗れるかどうかを夢中で話しているグループがありました。

私は自分で働いて、バリバリ仕事して稼ぐことが好き…というか、学生時代はお金がなかったのでバイトをバリバリしていて、バイトのチーフとかになっていました(笑)。働くことの楽しさも知っていたので、自分は働かないで旦那さんの収入だけで生活するなんて、考えてもみなかったのです。

【関連】小池百合子、菅義偉、橋下徹の話が面白かった全日65周年記念講演(法定研修会)レポ

ところが結婚して、子どもが生まれたことで、私の考え方が大きく変わりました。自分の赤ちゃんは何物にも代え難いほどかわいくて愛おしい存在で、仕事大好き人間だったのに「家にいる時間を増やしたい」と考えが変わりました。

でも、家計の収入が落ちてしまうのは困ります。そこで考えたのが、「主人に玉の輿になってもらう」ということ。つまり、夫の信用力をトコトン使うことです。

これが、私が不動産投資をはじめたキッカケです。何度か失敗はしましたが、結果的にはプラスになっています。失敗した物件も、保育園の保育料を半額まで引き下げることができたので、結果オーライです。

最初の不動産投資は約100万円のマイナスで、成功したとは言い難いのですが、節税にはなりました。節税で21万5,400円還付金が戻って、保育料は月額1万3,000円も減額しました。年間にすると、37万1,400円になります。

最初の不動産投資は「新築ワンルームマンション」

最初の投資物件は、実は「新築ワンルームマンション」でした。少し不動産投資を勉強されている方でしたらご存じだと思いますが、最も購入してはいけない物件です。

結局5年保有して売却して損益通算すると、約100万円のマイナスだったのです。ただし100万円で済んだのは、購入時に500万円ほど値切ったからです。そんなに難しいテクニックを使ったわけではありません。しかも、このマイナスには節税した額を計算に入れていませんので、結果的には「プラスマイナス・ゼロ」くらいです。

Next: 夫婦二人三脚で挑戦した不動産投資、家計の赤字が解消した意外な理由とは?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい