3ヶ月で約3割の急上昇、東京エレクトロンの株価に死角はあるか?=栫井駿介

東京エレクトロン<8035>が高値を更新し続けていますが、業績は半導体の需要に大きく左右されます。はたして今後も上がり続けるのか。バリュー株投資の視点で分析します。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

業績好調は一時的? 中国での半導体需要には必ず限界が訪れる

東京エレクトロン<8035>過去最高益で株価高騰

東京エレクトロン<8035>が高値を更新し続けています。3ヶ月の上昇率は約3割にのぼり、2000年以来17年ぶりの水準です。

東京エレクトロン<8035> 日足(SBI証券提供)

東京エレクトロン<8035> 日足(SBI証券提供)

その理由は、好調な業績にあります。先日発表された2017年3月期決算では、過去最高の当期純利益を記録しました。

東京エレクトロンは「半導体製造装置」を製造し、サムスン(韓国)やインテル(米国)、TSMC(台湾)などの半導体メーカーへ納入しています。半導体メーカーはその先の最終製品メーカーへ半導体を供給します。

半導体需要は長期的な拡大が予想されています。半導体が欠かせないスマートフォンやデータセンター、IoT機器の発達がその裏付けとなります。

半導体の需要拡大は今後も続くのか

しかし、この数ヶ月~1年の需要拡大は必ずしも長期トレンドに乗ったものではないと考えます。その要因は中国です。中国では、政府主導で落ち込みそうな需要にテコ入れを行い、スマートフォンなどデジタル製品の増産を続けています。

半導体の種別で言えば、世界市場におけるDRAMの約半分、フラッシュメモリ3分の1を中国が消費していることから、その影響は多大です。

一方で、中国における半導体生産の世界シェアは数%にすぎません。東京エレクトロンの販売先でも中国は12%にすぎず、30%の台湾や18%の韓国とは開きがあります。まだ技術が十分ではないのでしょう。

投資家の関心は、この需要拡大がどこまで続くのかということです。長期的には半導体市場は拡大を続けると考えられますが、前述のように長期トレンドからは大きく上振れしていると考えます。

中国での半導体需要はどこかで必ず限界がきます。スマートフォンは世界中に行き渡りつつあり、そこからいくらIoTが拡大すると言っても、スマートフォンに匹敵するようなブームを生み出すのは容易ではありません。

最終製品への需要がなければ、設備投資は行われません。設備投資は景気の波が色濃く反映されるものですから、東京エレクトロンのような会社の業績は大きく下振れします。東京エレクトロンの売上高は2008年から2010年にかけて半減しました(9,060億円→4,186億円)。

また、東京エレクトロンは世界シェア4位と市場を独占しているわけでもないので、長期的には競争に晒され続けるでしょう。

以上より、業績の好調は一時的なものであると考えます。バリュー株投資家としては、手を出せる状況ではありません。

つばめ投資顧問は相場変動に左右されない「バリュー株投資」を提唱しています。バリュー株投資についてはこちらのページをご覧ください。記事に関する質問も受け付けています。

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

【関連】日本郵政「4000億円損失」の裏事情と、株を買ってはいけない真のリスク=栫井駿介

【関連】「戦争と株価」3つの法則~第一次・第二次大戦からテロとの戦いまで=東条雅彦

【関連】トレードに常勝はあり得るか? HFT(高頻度取引)業者バーチュの手法=田渕直也

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2017年5月10日号)より
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー