「北朝鮮リスク」を連休明けの市場はどう見ているか?今後の注目点=久保田博幸

北朝鮮の駐英大使が6回目の核実験を示唆するなど、地政学的リスクは依然として高まっている。しかしその最中にもナスダックが最高値を更新。市場はどう見ているのだろうか。(『牛さん熊さんの本日の債券』久保田博幸)

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

睨み合いを続ける米国と北朝鮮、マーケットが注目するポイントは

北朝鮮、6回目の核実験を示唆

北朝鮮の駐英大使は9日、英スカイニュースのインタビューで6回目の核実験を計画していると明らかにした(日経新聞電子版)。

原子力空母カール・ヴィンソンを中心とする空母打撃群は朝鮮半島周辺の海上に展開しているとみられ、北朝鮮に圧力をかけており、今回の北朝鮮の駐英大使のコメントはそのような圧力には屈しないとの姿勢を示したかったものとみられる。

北朝鮮の駐英大使からの核実験の計画示唆に対して、9日の米国株式市場はわずかながら反応を示し、ダウ平均の上値を抑えた。しかし、ナスダックは最高値を更新し、米債はリスク回避による買いは入らず、むしろ社債発行等が意識されて売られていた。

NYダウ 日足(SBI証券提供)

NYダウ 日足(SBI証券提供)

NASDAQ 日足(SBI証券提供)

NASDAQ 日足(SBI証券提供)

10日の東京株式市場は円安などを受けてむしろ買いが先行した。外為市場で円が売られ、株が買われるということは当然ながらリスク回避とは反対の動きであり、地理的にも近い日本の市場でも北朝鮮の駐英大使の発言はほとんど材料視されていないことが伺える。

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

Next: 読みづらい米側の動向。メンテ明け空母ロナルド・レーガンの動向が焦点に

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい