「売り方優勢のはず」 日経平均は俺達に連動する!OZZ&ONZ日々の投資戦略(5/11)

年100%以上の成績を出すのが当たり前とされるワールドクラスのトップ運用者。米系プロップ、ユダヤ系ヘッジファンド、香港バイアウトファンドで年間数千億の運用者として、17年間もトップを走り続けた「OZZ&ONZ」(オズ&オンズ)が、ついにまぐまぐに登場!

今回は、有料メルマガ『日経平均は俺達に連動する! 速報!OZZ&ONZ トップ運用者のブログで書けない、日々の投資戦略』2017年5月11日号の内容を特別に無料でご紹介します。毎朝いち早く分析を読むには、ぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。相場急変時には号外配信もあります。

プロフィール:OZZ&ONZ
米系プロップ、ユダヤ系ヘッジファンド、香港バイアウトファンドに運用者として17年間在籍。現在は独立系の運用請負専門チームを運営。海外のヘッジファンドのファンドマネージャーやトレーダーとの太いパイプを持つ。通称「二人投機筋」とも呼ばれ、OZZは現運用請負チームのCIO兼ポートフォリオマネージャー、ONZはチームのクオンツアナリスト兼クオンツトレーダー。

米系プロップ等で17年間トップを走り続けた二人投機筋の分析

OZZONZ本日の視点と投資戦略

『日経平均先物の上値は20050円、下値19890円 ドル円114.00円~114.55円』

今朝までの欧米市場・為替市場

NYダウは小幅に続落した。上値下値切り下げの売りが優勢のかたちだが、マイナス幅を縮小させて押し目買いの動きも見られ、全体的には方向感に欠ける相場展開だった。

一方、米国債券市場では、米10年債利回りが、2.410%に上昇し、米国債からの資金流出の動きが継続。10年債の入札が低調であったことや、社債の発行が相次いでいることも、米国債への需要を低下させたようだ。

これを受けて、NY時間のドル円は、114.36円まで上値を伸ばし、3月15日以来となる114.50円の水準に接近してきた。米10年債利回りの低下局面での円買いに比べて、10年債利回りの上昇局面での円売りに傾く感応度が高いため、買い方の手仕舞い売りを促す展開になりにくい状況だ。

米国10年債利回り Daily

※出典:Investing.com

USDJPY M15

※出典:Investing.com

本日の戦略備忘録MEMO【ドル円】

USDJPY M15

※出典:MT4

高値、安値の切り下がりを見つけ、ブレイク狙い。売り方の俺は、ネックライン114.20円に注視している。

Next: 本日の日経平均先物の投資戦略~19970円をブレイクするかが重要

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー