人生を左右する「30~40代でのお金の使い方」こんな人は危ない!=川畑明美

効率よくお金を増やしたいと考えるなら、30代にしっかりとお金を貯める必要があります。投資の成果が出るのは5〜10年後。ライフイベントが重なる40代前に増やせると楽です。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

投資が実るのは5~10年後。もっとも効率的な30代から考えよう

30代のお金管理で将来が決まる

「効率よくお金を増やしたい!」。そのためには、30代のときのお金の管理で将来の家計が大きく変わってきます。

もちろん、40~50代の人が間に合わないということではありません。ただし、金銭的な不安から早く抜け出すには、30代をどう過ごすのかが重要です。この頃にしっかりとお金を貯められると、複利効果を十分に享受できるからです。

私も本格的に投資をはじめたのは30代です。時間をかけることができたので、安全にお金を増やすことができました。

投資でお金を増やすには、少なくとも5年、できれば10年間が必要です。つまり5年から10年は「使えないお金」になりますので、ライフイベントが増える40代前には、ある程度の資産に育っている必要があるのです。

「元本が残らない人」の人生は危ない

つまり、30代に増やしたお金でお子さんの教育費がまかなえれば、元本は残りますよね。預貯金であれば使ってなくなってしまう金額が確保できるのです。

例えば、1500万円を貯めて、さらに増やした500万円を教育費で使ってしまっても、1500万円は残ります。

預貯金で1500万円貯めたとしても、500万円を使ってしまったら、1000万円になってしまいます。

この差は大きいです。

もちろん、40代でしたら、50代で使うお金を増やしてから使うことができます。50代でしたら、60代からのお金に。なので、40~50代でも遅いということはありませんよ。

増やしたお金であればリスクも取れますので、さらに増やすこともできます。

【関連】儚いリア充アピールで「スタバ貧乏」になる人たちのダメな共通点=川畑明美

【関連】家を買うならあと5年待て?「2022年」に得をする人、損をする人=午堂登紀雄

【関連】日本人の賃金はなぜ「バブル期以来の人手不足」でも伸びないのか?=斎藤満

教育貧困にならないために』(2017年5月8日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー