また北朝鮮がミサイル発射!いま個人投資家が知るべき本当の敵は?=児島康孝

北朝鮮による14日早朝の弾道ミサイル発射が意外感をもって受け止められています。こんな時こそ投資家は「両にらみ」の姿勢で市場に対峙することが重要です。(『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』児島康孝)

リスク回避ですべてを現金化する…本当にその投資戦略で大丈夫?

北朝鮮が弾道ミサイル発射

聯合ニュースによると、北朝鮮は5月14日早朝に弾道ミサイルを発射、菅官房長官が午前6時半から官邸で記者会見を行いました。

菅長官の発表によると、北朝鮮は5時28分頃に北朝鮮西岸から弾道ミサイルを発射。ミサイルは30分程度飛んで日本海に落下した模様ですが、6時半現在、日本での被害はみられません。6時40分過ぎには安倍総理大臣が緊急の会見を官邸入口で行い、北朝鮮を非難しました。

さて、今回の北朝鮮の弾道ミサイル発射は意外感をもって受け止められていますが、それはなぜでしょうか?

それは、韓国で「親北」とみられる文在寅(ムン・ジェイン)氏が大統領に選出され、アメリカと北朝鮮も北欧で水面下の交渉を行ったばかりで、融和ムードが一部でみられていたからです。

また、中国ではきょうから「一帯一路」サミットが開かれるというタイミングでもあり、北朝鮮もこれに参加するため、代表団が中国入りしていました。
※一帯一路:中国と欧州を結ぶ内陸ルートと海側ルートで経済開発を行う計画

このようなタイミングなので、北朝鮮のミサイル発射は意外感をもって受け止められているのです。

【関連】米国の北朝鮮攻撃は期待薄?トランプのシナリオに翻弄される日本=近藤駿介

サイバー攻撃との関連は?

きのう13日には、世界各国への大規模なサイバー攻撃が明らかになっています。このサイバー攻撃は、メール添付などの手口で利用者のパソコンをロックさせ、その回復費用を請求するというものです。

アメリカのテレビなどではトップニュース扱いで大きく報じられており、大きな波紋を呼んでいます。

世界規模でのサイバー攻撃に続き、北朝鮮がミサイルを発射するなど不穏な状況。北朝鮮のミサイル発射にアメリカがどう反応するのかなど、きょうは注意が必要でしょう。

しかしこんな時こそ、投資家は「両にらみ」の姿勢でマーケットに対峙することが重要になってきます。

Next: 「言うことと、やることが全然違う」海外ファンド勢に騙されるな

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい