「下値メドは19410円」 日経平均は俺達に連動する!OZZ&ONZ日々の投資戦略(5/18)

年100%以上の成績を出すのが当たり前とされるワールドクラスのトップ運用者。米系プロップ、ユダヤ系ヘッジファンド、香港バイアウトファンドで年間数千億の運用者として、17年間もトップを走り続けた「OZZ&ONZ」(オズ&オンズ)が、ついにまぐまぐに登場!

今回は、有料メルマガ『日経平均は俺達に連動する! 速報!OZZ&ONZ トップ運用者のブログで書けない、日々の投資戦略』2017年5月18日号の内容を特別に無料でご紹介します。毎朝いち早く分析を読むには、ぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。相場急変時には号外配信もあります。

プロフィール:OZZ&ONZ
米系プロップ、ユダヤ系ヘッジファンド、香港バイアウトファンドに運用者として17年間在籍。現在は独立系の運用請負専門チームを運営。海外のヘッジファンドのファンドマネージャーやトレーダーとの太いパイプを持つ。通称「二人投機筋」とも呼ばれ、OZZは現運用請負チームのCIO兼ポートフォリオマネージャー、ONZはチームのクオンツアナリスト兼クオンツトレーダー。

米系プロップ等で17年間トップを走り続けた二人投機筋の分析

OZZONZ本日の視点と投資戦略

『日経平均先物の上値は19600円、下値19400円 ドル円110.60円~111.40円』

今朝までの欧米市場・為替市場

NYダウは急落し、75日線(20697ドル)を割り込む水準に株価位置を切り下げた。この水準でNYダウが一旦下げ止まる動きに入るのか、あるいはVIX指数が急騰したことで、ヘッジ目的や、さらなる下落を見越したプット買いに投資家が傾けたことを示しており、4月のレンジ下限の20400ドルを下方ブレイクし、本格的な調整が始まるのか確認したい。

米国債券市場では、リスク回避の動きから、米国債に資金が流入し、米10年債利回りは、4月21日以来となる2.223%まで低下している。米国の政治的な混乱から、6月のFOMCでの追加利上げが見送られるとの見方が強まってきたかのような動きとなった。

米10年債利回りの低下に連動して、ドルインデックスは97.50を割り込み、ドル円は、朝方110.60円割れまで円高方向に振れるなど、買い方の損切り注文を巻き込むかたちで下落している。

VIX Weekly
170518-01

※出典:Investing.com

ドル指数先物 Daily
170518-02

※出典:Investing.com

ダウ先物 Daily
170518-03

※出典:Investing.com

米国10年債利回り Daily
170518-04

※出典:Investing.com

USDJPY H1
170518-05

※出典:Investing.com

本日の戦略備忘録MEMO【ドル円】

USDJPY H1
170518-06

※出典:MT4

買い方のロスカットは完全に吐き出したわけではないように見える。急激な円高に対して、東京時間は対応してくるだろうけど、110.60円を抜けるのかは注目しておきたい。

Next: 本日の日経平均先物の投資戦略~個人の含み損が一気に出てくる

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー