米国株見通し:リバウンドを試す展開を意識

マネーボイス 必読の記事5本

S&P500先物 2369.00(+5.50) (19:30現在)

ナスダック100先物 5644.25(+13.75) (19:30現在)

19:30時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小じっかりに推移している。また、NYダウは30ドル高程度で推移。欧州市場は全般買いが先行している。原油先物相場は小幅に上昇して推移。

18日の米株式市場は上昇。トランプ政権を巡る先行き不透明感が重しとなるものの、良好な経済発表が材料視され、前日の大幅下落に対する買い戻しを誘った。グローベックスは小じっかりに推移しているほか、欧州もプラス圏で推移しているためリバウンドを試す展開が意識される。ただし、NYダウは25日線が上値抵抗として意識されるため、強弱感が対立しやすい面もある。

また、トランプ米大統領は19日、9日間の予定で、中東のサウジアラビア、イスラエル、ヨルダン川西岸、欧州ではバチカンなどを訪問し、G7に出席する。ロシアを巡る疑惑で逆風の中での初の外遊となり、相場の変動要因になりそうだ。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー