【5月米雇用統計】結果良好ならドル円は戻り売り!想定レンジ110.50~112.50円=ゆきママ

今日は投資家にとってのプレミアム・フライデー!いよいよ5月米雇用統計が発表されます。果たして今回はどうなるのか、トレード戦略を含めて詳しく解説します。(『ゆきママのブログでは書けないFXレポート(無料板)』『お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」(有料板)』FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

今月のメインシナリオは「まずまずの結果」からの売り場探しに

政治リスクが後退しない限りドルの上値は重い

今回の雇用統計も、出た数字そのもので値動きが決まるという単純なイベントにはならない可能性が大です。というのも、そもそもドルの上値の重さの原因は、ここ数ヶ月の低調な米国経済指標にあり、引き続き緩慢なインフレが続くことが予想されていることにあるからです。

インフレの伸びが十分でなければ、FRB(連邦準備制度理事会)は利上げやバランスシートの縮小といった金融政策の引き締めを早めることはありませんから、まだまだドルはジャブジャブ状態でドル高に結びつかないというわけですね。

そして、この状況を打破してインフレを高めるゲームチェンジャーとして期待されていた、トランプ大統領の大規模な公共工事や未曾有の減税政策については、ご存知のようにトランプの政治的立場の危うさから、政策の実行が次第に困難になりつつあります

6月8日には、この元凶となったコミー前FBI長官の議会証言(公聴会)が上院で行われ、フリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)とロシアの関係を巡る捜査を打ち切るよう、トランプから圧力がかけられたことを証言するのではといった報道もあります。

証言の内容次第では、ますますトランプは追い込まれ、期待されていた政策も遠のいていくことになりますから、やはりこれらの状況を考えると、ドルの上値は本質的に重いままの可能性が高いでしょう。

しかも、6月13日~14日にはFOMC(連邦公開市場委員会)も予定されています。利上げとバランスシート縮小の方法について大枠が発表されると見られていますが、ここでの内容もはっきりしない限り、ドルはなかなか動けないということに留意していただければと思います。

Next: 期待感が高すぎる? 良好な先行指標は割り引いて見る必要あり

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー