大型銘柄を徹底ナンピンし、株券を“焼き捨てる”Tさんの投資術

投資歴54年の山崎和邦氏が思い出の投機家を振り返る本連載、今回は「日本のバフェット」Tさんです。彼はナンピン買いし続けた株券を「焼き捨てる」と言い出します。その真意は?

「取引所開所以来の月足罫を持って来い」Tさんとの出会い

今回は南紀の元町長で素封家(※1)のTさんの話を書こう。彼こそは「日本のバフェット」と私が勝手に名付け尊敬する大投資家であった。私が少々の金融資産を構築できたのは、彼から学んだ訓戒のお陰である。

野村証券本店営業部で5年を過ごし、紀州和歌山支店に赴任して2年目の1966(昭和41)年。その頃、市場の関心が向くのは、すぐに値動きの出る小型株や時流に乗った材料銘柄ばかりだった。

当時の私は、土日を使って、急行で4時間かかる紀伊半島の南東端まで足を伸ばし、捕鯨の町・那智勝浦や木材の町・新宮市まで、一泊二日の訪問外交をして歩きまわっていた。

南紀は伝説と夢多き歴史の舞台でもある。黒潮白く岩を噛む風景秀麗な海岸や、文字通り白砂青松の海岸を、自動車を駆って訪問営業したが、当地の多くの人々が顧客になってくれた。遠方からよく来てくれたと。

勝浦も新宮も歴史ある町で、捕鯨や木材で財をなした素封家、オーソドックスな落ち着いた投資家が多く居られた。

そんな顧客の一人に、元町長で、落ち着き貫禄のある初老紳士がいた。Tさんとしておこう。

yamazaki_03_01

Tさんは、「罫線を見て考えよう。戦後、証券取引所開所以来の長期月足罫線(※2)を持って来い」と言った。彼はその中から銘柄を選び、自分の意見で不況に喘ぐ大型株を何度かに分けて大量に買うつもりだった。

私は「そんな不況産業の大型株に妙味はない。これにしなされ」と野村の推奨株を執拗に理詰めで説いたが、がんとして聞かなかった。「幾ら歴史を持つ著名大企業でも買い手が買わなけりゃ上がりません。株式投資とはそういうものだ」という営業にも一切、耳を貸さない。

彼は日立(※3)をはじめとする大型株の安値を買い下がった。何度かに分けてナンピン買い下がった。それから半年して15%くらい上がったから、「一旦利食いして、別の銘柄に乗り換えた方が資金効率が良くなる」と私はまたしても説得した。

すると彼はこう言ったものだ。「株券を野村に保護預かり(※4)してあるから売れ売れと言ってくる。株券を自宅に引き取る(※5)

私はやむなく全株式を返却し、口座はカラになった。

それでもなお、利食いして他に乗り変えろと食い下がったところ、彼は遂にこう言ったのだ。

「株券が自宅に存在するからイケナイ。株券の記番号を控えて焼き捨てる。誤って燃えてしまったと申し出て除権判決(※6)をもらって、再発行の手続きをして再び手元に戻るのを待てば1年は売れないだろう。そうするからもう売れ売れと言ってくれるな」。

Next: 「人の行く裏に道あり花の山」 投資格言にひそむ罠とは?

※1 素封家
そほうか。官位や領地を持たない民間の資産家・大金持ち

※2 長期月足罫線
ここでは、月ごとの四本値(始値、終値、高値、安値)から作成した長期ローソク足チャート。現在はPC上で表示するのが一般的だが、かつては手書きする投資家もいた

※3 日立
日立製作所(証券コード6501)

※4 保護預かり
有価証券の本券を銀行や証券会社に預けておくこと

※5 株券を自宅に引き取る
2009年に上場会社の株式はすべて電子化された。それ以前から自宅等に保管されている株券(タンス株)も株主権利は保全されており、所定の手続きを経て売却等は可能

※6 除権判決
株券を喪失しても株主の地位を失うわけではない。当時は簡裁に公示催告を申し立て除権判決を得た場合のみ株券の再発行を請求できた。現在は株券喪失登録制度に置き換わっている

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報『投機の流儀』

[月額1500円(税込) 毎週日曜日配信]
市況動向や世界的超金融緩和の行く末を、学者兼投機家の視点で分析。読者質問コーナーでは活発な意見交換も。初月無料で会員限定の投機コミュニティを覗いてみるチャンス!
ご購読はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー