【6月米雇用統計】七夕の夜は順張りドル買いが吉!想定レンジは112~115円=ゆきママ

今日は世間では七夕ですが、トレーダーにとっては米雇用統計の発表される重要な一日。果たしてどうなるのか、今回も詳しく解説していきたいと思います。(『ゆきママのブログでは書けないFXレポート(無料板)』『お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」(有料板)』FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

今宵はロング有利。「値ごろ感」からのショートは大火傷のもと

賃金インフレがなくとも引き締め継続か

一昔前の雇用統計といえば、非農業部門雇用者数の増減のみを見て一喜一憂するお祭りでしたが、最近は目まぐるしく変わる金融政策の見通しを考えながら展開を考えていくことが必要になりました。つまり、アメリカの金融政策を決定するFRB(連邦準備制度理事会)のプレゼンスがそれだけ強まったということでしょう。

そして、このFRBは6月のFOMC(連邦公開市場委員会)において、バランスシート縮小の大枠について決定し、一部のメンバーは2~3ヶ月以内の実施を想定していることが明らかとなりました。まだまだ物価的には低インフレ状態が続いており、この物価を左右する賃金も冴えない伸びが続いているにも関わらず…です。

これは非常に大きな方針転換です。FRBはこれまでの歴史上、賃金インフレを厳粛に受け止めるとされ、政策の変更を占う上ではとにかく賃金が注目されてきましたが、それが変わりつつあるということですからね。

FRBの一部メンバーの主張としては、物価インフレには程遠いものの、株価の異常な高騰といった資産インフレを抑え込むためには金融政策の引き締めが必要だとしています。しかも、これはイエレンFRB議長を始め、ダドリーNY連銀総裁といった中心メンバーの意見ですから、物価インフレがなくともバランスシート縮小といった引き締めを行う可能性は高いと考えられます。

したがって、今回の雇用統計については、平均時給が事前予想を多少下回ったとしても、金融政策の引き締めという大きなドル買い要因がありますから、積極的にはなかなか売りにくいのではないかと思います。まずはこれを踏まえた上で、トレード戦略を練っていきましょう。

Next: 今の相場の流れが継続か。先行指標はまずまず好調な数字が並ぶ

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい