北朝鮮と対峙する日本に必要なのは遺憾の意か?敵基地反撃能力か?=三橋貴明

記事提供:『三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017年7月7日号より
※本記事のタイトル・リード・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部によるものです

【関連】北朝鮮の脅威に無策の僕たち~「シャバ僧」過ぎるぜ!ニッポン=施光恒

「断固たる抗議を!」「万全の対応を!」叫ぶばかりな日本の丸腰

中国に北朝鮮問題を解決する気はない

よりにもよって、アメリカの独立記念日にミサイルを発射した北朝鮮。アメリカ政府は、北朝鮮が発射した弾道ミサイルの種類について、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)」だったと初めて確認しました。

北朝鮮が4日に発射した弾道ミサイルについて、米政府は同日、北朝鮮が主張しているとおり、大陸間弾道ミサイル(ICBM)だったと確認した。

レックス・ティラーソン国務長官は、米国や世界に対する「脅威がさらに深刻化した」とし、米国は「核武装した北朝鮮を絶対に容認しない」と述べた。

出典:米政府、北朝鮮のICBM発射実験を確認 – BBC(2017年7月5日配信)

金正恩は、アメリカの独立記念日に合わせて発射したことについて、「アメリカはわれわれからの贈り物を不快に思うだろうが、今後も大小の贈り物を頻繁に贈ろう」と述べたとのことです。

ロシアを訪問中だった習近平国家主席は、プーチン大統領との会談後に共同声明を発表。北朝鮮のミサイル実験を「受け入れられない」と批判しつつ、アメリカと韓国の共同軍事演習の凍結、さらには「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備中止を要求しました。

中国は北朝鮮のミサイル危機を自国の外交ツールに使うのみで、解決する気など全くありません。まあ、最初からわかっていたことではありますが。

トランプ大統領の「他人事ツイート」が意味するもの

気になるのが、アメリカのトランプ大統領のツイッター

Hard to believe that South Korea…..and Japan will put up with this much longer. Perhaps China will put a heavy move on North Korea and end this nonsense once and for all!

韓国や日本がこの状況を我慢し続けるとは信じ難い。おそらく中国は北朝鮮に対して厳しい姿勢をとり、このばかげた行為を今回限りで終わらせるはずだ!(訳:ハフィントンポスト)

中国が北朝鮮のミサイル実験(あるいは核実験)を「今回限り」で終わらせるなどということはあり得ません。また、日本は「我慢」できなかったとしても、打てる手は現時点では何もありません。総理が、「断固たる抗議を!」「万全の対応を!」と繰り返すのみです。

トランプ大統領の、何というか「他人事」のようなツイートは、東アジアが新たなフェーズに入ったことをまざまざと感じさせます。アメリカは北朝鮮問題について、主導権を手放そうとしているように見えるのです。

このままでは、日本は完全無防備の状況で、各国のエゴがぶつかり合う「東アジアの戦場」に放り出されることになります。

Next: 軍備増強ができない日本は生き残れるのか?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい