「下落させない意思を感じる」日経平均は俺達に連動する!OZZ&ONZ日々の投資戦略(7/11)

年100%以上の成績を出すのが当たり前とされるワールドクラスのトップ運用者。米系プロップ、ユダヤ系ヘッジファンド、香港バイアウトファンドで年間数千億の運用者として、17年間もトップを走り続けた「OZZ&ONZ」(オズ&オンズ)が、ついにまぐまぐに登場!

今回は、有料メルマガ『日経平均は俺達に連動する! 速報!OZZ&ONZ トップ運用者のブログで書けない、日々の投資戦略』2017年7月11日号の内容を特別に無料でご紹介します。毎朝いち早く分析を読むには、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。相場急変時には号外配信もあります。

プロフィール:OZZ&ONZ
米系プロップ、ユダヤ系ヘッジファンド、香港バイアウトファンドに運用者として17年間在籍。現在は独立系の運用請負専門チームを運営。海外のヘッジファンドのファンドマネージャーやトレーダーとの太いパイプを持つ。通称「二人投機筋」とも呼ばれ、OZZは現運用請負チームのCIO兼ポートフォリオマネージャー、ONZはチームのクオンツアナリスト兼クオンツトレーダー。

米系プロップ等で17年間トップを走り続けた「二人投機筋」の分析

OZZONZ本日の視点と投資戦略

『日経平均先物の上値は20120円、下値19980円 ドル円113.85円~114.30円』

今朝までの欧米市場・為替市場

NYダウは、小幅に反落した。日足は、陽線を形成したが、上ヒゲを残した形で、買い方が積極的に値幅を取りに、上値を買い上がる動きとはなっていない。米国リート指数、ゴールド、WTI原油先物など、リスク資産の値動きが不安定になっているため、NYダウ、ナスダック指数の突然の急落の可能性がある。

米10年債利回りの上昇は、2.40%手前で、足踏みの状態となった。方向性としては、量的緩和の解除を織り込む米国債売りが勝っているが、米2年債利回りが先行して低下基調に転じつつあり、米10年債利回りが追随して低下に向かうには、12日のイエレン議長の議会証言での発言内容次第となりそうだ。

NYダウ先物 H4
170711ozz-01

※出典:Investing.com

米国10年債利回り H4
170711ozz-02

※出典:Investing.com

USDJPY H1
170711ozz-03

※出典:Investing.com

米10年債利回りの上昇が一服したことで、ドル円は、114.30円で上値を抑えられ、5月11日高値(114.37円)を更新できなかった。それでも、下値は114円を割れることなく、ダブルボトムを形成し、買い方の手仕舞い売りを誘発する展開を回避した。通して見ると、ドル円の値動きは悪く、膠着感の強まりを示している。

Next: 本日の日経平均先物の投資戦略~売り方は逆張りは厳しい

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい