前日に動いた銘柄 part2:セイコーエプソン、ソニー、トヨタ自など

マネーボイス 必読の記事5本

銘柄名<コード>⇒11日終値⇒前日比

アスクル<2678> 3610 +10

先週の上昇の反動で利食い売りが続く。

SANKYO<6417> 3685 -65

パチンコ出玉規制でホールの投資意欲減退を警戒。

サニックス<4651> 280 -5

「ヒアリ」関連として直近上昇も利食い売り優勢に。

メガチップス<6875> 2780 -65

任天堂の反落なども逆風か。

東芝<6502> 250.9 -4.7

半導体事業売却の交渉ずれ込み懸念が続く。

セイコーエプソン<6724> 2660 +95

日経平均に新規採用正式決定でインデックス買い期待。

KLab<3656> 2139 +10

10日には東海東京証券が新規で買い推奨へ。

ソニー<6758> 4439 +121

スパイダーマンシリーズの新作好スタートを評価も。

ルネサス<6723> 1007 +14

米半導体株の上昇につれ高も。

KDDI<9433> 2929.0 +20.0

新料金プランに対する過度なマイナス影響懸念は後退へ。

トヨタ自<7203> 6263 +76

円安で自動車株には出遅れ物色も向かう。

ソフトバンクグループ<9984> 9160 +178

米国IT関連株の上昇などで買い安心感も。

JMACS<5817> 1140 +150

空中ディスプレイ関連として関心が向かう。

アジア航測<9233> 1043 +150

連日のストップ高、トヨタとの共同出願特許公開を引き続き材料視。

東理HD<5856> 129 +10

足元でのエス・サイエンスの株価上昇が刺激に。

ピクセラ<6731> 280 +30

25日線が支持線となる、グーグル関連として関心続く。

堀田丸正<8105> 441 -15

株価急騰の反動が続く格好に。

フォーサイド<2330> 382 -27

11日より信用規制実施。アリペイ関連として人気化。

MDNT<2370> 185 +50

高感度抗体検査法に関する特許が日本で成立。

プロパスト<3236> 211 -14

18年5月期営業利益は25.6%減の見通し。

BS<3623> 8110 -520

地銀ネットワークサービスとの提携で前日急伸した反動。

パス<3840> 213 +48

低位株物色の流れ。Oak<3113>投資先として関心。

インフォテリ<3853> 1417 -23

10日売買分より信用規制実施。5日線割り込む。

ビーマップ<4316> 2184 +400

10日まで5日連続ストップ高。13年高値超え売り買い交錯。

ラクオリア創薬<4579> 1577 +276

引き続き韓国での「tegoprazan」来年発売予定を材料視。

弁護士コム<6027> 1772 +122

クラウド契約サービスへの期待などから上値追い続く。

岡本硝子<7746> 226 +50

J3DDが車載投影部材の事業化急ぐとの報道。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー