次期FRB議長は誰だ?「ショック」を予感しざわつき始めたマーケット=児島康孝

イエレンFRB議長の任期は、来年(2018年)2月3日までです。はたして次期FRB議長は誰になるのか。これから秋にかけて、マーケットはざわつき始めます。(『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』児島康孝)

イエレン再任か?新議長誕生か?市場を左右するFRB人事のゆくえ

FRB副議長にクオールズ氏

ウォール・ストリート・ジャーナルなど複数のメディアは、トランプ大統領がFRB副議長(銀行監督担当)に、ジョージ・W・ブッシュ政権で財務次官を務めたランダル・クオールズ氏を指名すると報じました。

この副議長のポストは、米国の金融機関、ゴールドマン・サックスをはじめとする巨大な投資銀行や銀行などを監督する役職です。クオールズ氏は、トランプ政権の金融政策の方針に合わせて、規制緩和を進めるのではないかとみられています。

クオールズ氏がFRBに入ることで、現在のイエレン議長が率いる体制にどのような力学が働くのか。注目されています。

イエレンFRB議長「再任」の可能性は?

そしてFRBの議長職は、来年(2018年)2月までの任期です。結構、その時期が近くなってきました。

イエレン議長が続投するのか、あるいは新しい議長が誕生するのか。今年(2017年)の秋頃から、様々な観測・憶測が流れそうです。

イエレン議長は、先のアメリカ大統領選挙の前に利上げを遅らせたことで、政権党であった民主党ヒラリー・クリントン氏を間接的に支援していたという観測があります。そのことで、トランプ氏は「中立ではない」として批判していました。

このため、イエレン議長の再任があるのか、ないのかがまず第1のポイントです。

大統領選挙の頃を思い出せば、「イエレン議長の再任はまずないだろう」ということになるのですが、その後のトランプ大統領はイエレン氏への批判を控えています。

ですから、イエレン氏の再任も可能性はあります

現在の構成メンバーの中ではNY連銀のダドリー氏が安定感がありますが、構成メンバー以外から新任の議長が誕生するのも普通ですから、これから秋・冬にかけてマーケットがFRB議長人事を気にしはじめます

クオールズ氏が副議長に内定したことで、そういえばFRB議長も来年2月に任期が来ると、市場関係者は思い出すわけです。

新議長誕生で短期的なショック安の恐れも

注意が必要なのは、新たなFRB議長が就任した後には、ほぼ決まったかのようにマーケットの波乱が起きて、新しい議長を試すかのような動きが起きるのです。

私はこれまでにもお伝えしているように、当面、景気は良いという見方です。しかし、来年2月に新しいFRB議長が就任する場合は、来年の早い時期にそれなりの短期的なショックは起きるかもしれません。ちょうどトランプ大統領が就任して1年という時期で、この頃に短期的なマーケットの調整が起きるのは十分に考えられます。

これは今後、力強い景気の上昇が続いた後の話ですから、少し気が早い話ではあります。ですが、景気の上昇が続いた後、来年の初めにはちょっと注意が必要でしょう(※2017年の円安・株高の見通しには変更はありません)。

Next: 【ECB】景気回復に合わせて金融緩和策を転換、予想外の展開に?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい