「スローなインベストメントにしてくれ」ファンドマネージャーの独り言=山本潤

トランプがどうの為替がどうのと、ファンドマネージャーの仕事には何かと雑音が多いもの。だからこそわたしはスロー・インベストメントを心がけています。(『億の近道』山本潤)

トランプの思いつきで世の中は変わらない。スロー投資のススメ

わたしが考える「スローなインベストメント」

ファンドマネジャーの1日は早朝から始まる。トランプがどうのこうのという情報。為替や債券市場がどうのこうのという雑音。はたまた、いい銘柄ありませんか? と証券会社や周りのアナリストたちに聞き回る。ニューヨークダウは上がったのか下がったのか、何が上がったのかなどをチェックしたりする。

けれども、わたしは思うんですよ。トランプが何をしようとしてもね、人はやりたいと思うことは熱心にやりますが、やりたくないことについては「やったふり」をするだけ。

つまり、人にやりたくないことを強要しても、成果は期待できないんじゃないかなーって思います。

トランプが何を言っても、企業は米国で雇用を増やすようなことをしません。なぜならば、企業がやりたくないから。米国での雇用に経済合理性がないからです。

人件費が高いところで雇用を増やせば競争に負けてしまうという、極めて明確な理由です。

だから、トランプがどうのこうのということを考える必要は、長期投資の場合、まったくない。為替やニューヨークについて考えるのは、時間の無駄

じゃあ、スロー・インベストメントとは、何も考えない投資? 間抜けな投資? という疑問がわくと思います。いえいえ、そうではありません。

スロー・インベストメントとは、日々の喧騒に惑わされない投資です。惑わされないから、株の本質を見極める。ノイズを除去することによって、実は、思考時間が生まれる。じっくりと考える投資なのです。結果的に、とっても大きなキャピタル・ゲインを狙う、長期の成長株投資のことです。「とっても大きい」っていうのは、数十%という値上がりではなくて、数倍とか数十倍以上を狙う投資のことです。

ノイズ(日々の情報)を無視しろ

もしあなたが、毎日、ニューヨークダウが気になっているとしたら、それはせいぜい、たったの1~2%の値動きのこと。たった1~2%のことに、人生の大事な時間を毎日費やすことになります(40年間毎日費やしたら、どれだけの時間が「無駄」になりますか?)。

上がったり、下がったり。上がったり、下がったり。毎日それをランダムに繰り返していくのでしょうが、その1~2%の動きはノイズです。大きなキャピタルゲインを狙うスローな投資家にとっては、ノイズは本質を惑わす敵にほかならないのです。

スロー・インベストメントにおいては、ノイズ(日々の情報)は無視しなければならない。無価値なノイズに価値のある人生の時間をかけるな。日々や月次だけでありません。四半期決算の情報なども、残念ながら(というよりは、当然のことですが)、ほとんどがノイズの部類に入ります。

Next: 数十年後も存在するに違いない企業群を「ざっくりと」眺めよう

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい