無能に右も左もない。「元アイドル国会議員」に裏切られた日本の病=近藤駿介

今井氏、蓮舫氏、稲田氏。次々に晒される醜態を見るにつけ、この国の政治活動はアイドルのコンサートと同じノリで行われていると感じざるを得ない。(『近藤駿介~金融市場を通して見える世界』近藤駿介)

プロフィール:近藤駿介(こんどうしゅんすけ)
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験。評論活動の傍ら国会議員政策顧問などを歴任。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝える無料メルマガに加え、有料版『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』を好評配信中。

知名度と人気だけでは、国会議員に必要な知識や資質は得られない

元SPEED今井絵理子議員による中学生レベルの言い訳

「一線は超えていない」

何を中学生のようなことを言っているのだろうか。

彼らの定義では「一線」は超えていないのかもしれないが、世間の常識は超えている。議員としてその時点でOUT!

13歳からアイドルグループで活躍してきた彼女の感覚は、中学生レベルで止まってしまっているのだろうか。

民主主義においては、政治家は言動で有権者を説得し納得してもらわなければならない。そのような立場にいる以上、言動に対して信頼を失った時点で失格

総理や防衛大臣から一年生議員まで「誤解」を生む発言が続くのは、こうした点に対する自覚が乏しすぎるからだ。

「ただ、これだけは言わせてください。雑誌のタイトルであるような『略奪不倫』ではありません。断じてないということを言わせていただきます」

「略奪」という言葉に反応するのは、相手の奥様を傷つける意思がなかった純愛であり、この先、不倫相手と結婚するかは未定だということを言いたいのだと思うが、それはどうでもいい問題

「不倫」の結果、相手の家庭が崩壊したら、その後に結婚するか否かに関係なく相手の家庭から夫・父親を「略奪」したことに変わりはないのだから。

抜群の知名度を活かして人を集めることを期待された彼女にとっては、選挙運動や政治活動もコンサートと同じノリで行われていたと感じざるを得ない。

国政には何の影響も及ぼさない実に価値のないニュースではあるが、国会議員候補の選び方や有名人なら安易に当選できてしまう現状の選挙制度に一石を投じたニュースだとは言える。

Next: 今井氏、蓮舫氏、稲田氏…女性議員たちはなぜ次々と醜態を晒したのか?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー