「売りの理由が模索されている」日経平均は俺達に連動する!OZZ&ONZ日々の投資戦略(8/3)

年100%以上の成績を出すのが当たり前とされるワールドクラスのトップ運用者。米系プロップ、ユダヤ系ヘッジファンド、香港バイアウトファンドで年間数千億の運用者として、17年間もトップを走り続けた「OZZ&ONZ」(オズ&オンズ)が、ついにまぐまぐに登場!

今回は、有料メルマガ『日経平均は俺達に連動する! 速報!OZZ&ONZ トップ運用者のブログで書けない、日々の投資戦略』2017年8月3日号の内容を特別に無料でご紹介します。毎朝いち早く分析を読むには、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。相場急変時には号外配信もあります。

プロフィール:OZZ&ONZ
米系プロップ、ユダヤ系ヘッジファンド、香港バイアウトファンドに運用者として17年間在籍。現在は独立系の運用請負専門チームを運営。海外のヘッジファンドのファンドマネージャーやトレーダーとの太いパイプを持つ。通称「二人投機筋」とも呼ばれ、OZZは現運用請負チームのCIO兼ポートフォリオマネージャー、ONZはチームのクオンツアナリスト兼クオンツトレーダー。

米系プロップ等で17年間トップを走り続けた「二人投機筋」の分析

OZZONZ本日の視点と投資戦略

『日経平均先物の上値は20100円、下値19960円 ドル円110.60円~111.05円』

今朝までの欧米市場・為替市場

NYダウは、7連騰で、大台の22000ドルに乗せてきた。最高値を更新し続けても、買い方の手仕舞い売りを促す展開とはならず、小幅ながら陽線を形成して、買い方優位のかたちを保っている。

一方、米10年債利回りは、上下に振らされて(2.284%→2.243%→2.271%)、方向感の定まらない動きとなった。明日の米雇用統計を控えて、積極的にポジションを傾けることを避けたい投資家が多かったのではないかとみている。

ドル円は、米10年債利回りに連動した動きで、5分足レベルでは、110.28円できれいなダブルボトムをつけている。このまま上方向にトレンドが出て、NY時間の高値(110.98円)をブレイクするには、米10年債利回りが2.30%方向へ上昇する必要がある。

NYダウ先物 H1
170803-ozzonz-01

※出典:Investing.com

米国10年債利回り H1
170803-ozzonz-02

※出典:Investing.com

USDJPY H1
170803-ozzonz-03

※出典:Investing.com

ドル円の下値のポイントとしては、110.60-65円を維持できるかどうかに注目している。東京時間の米10年債利回りが、2.250%方向に低下して、このポイントを下方ブレイクされると、110.35円辺りまで下値余地が拡大するとみている。

Next: 本日の日経平均先物の投資戦略~NYダウが強くても売り方は虎視眈々

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー