1961年の再来?トランプ相場は東京五輪の「3年3カ月前」に天井を打つか=山崎和邦

トランプラリーの第1ラウンドはいつ終了するか?大統領就任日の1月20日が1つのメドだが、就任後100日をハネムーン相場とすれば4月に入る。これは2020年東京五輪の丁度「3年3カ月前」にあたるが、実は1964年東京五輪でも、その「3年3カ月前」の1961年7月に相場は天井をつけているのだ。(山崎和邦)

※本記事は、有料メルマガ『山崎和邦 週報『投機の流儀』(罫線・資料付)*相場を読み解く2016年11月20日号の一部抜粋です。今月分すべて無料の定期購読はこちらからどうぞ。

東京オリンピックの「3年3カ月前」は再び天井となるか?

PER14倍、1ドル110円で日経平均18,000円?

これは大和証券の見方であるが、18,000円と言えば先週末で達している。

PER15倍、1ドル105円とすれば日経平均は18,700円。 PER15倍、1ドル110円とすれば日経平均は19,300円(大和証券の計算である)。

野村證券や大和証券には、常に強気を言い、常に明るい見通しを言わねばならない宿命が
ある。しかし、企業業績とか景気見通しについては、多人数のアナリストが各企業を駆け
巡って聴き取り調査をし、それを集計した結果であるから、それらの数値についてはほぼ信用して良い。

また、内閣府や日銀の発表する数値はIMFも認めるほど、世界有数の正確さである。 こういう数値そのものは信用していいが、相場観については必ずしも当てにならない面がある。

ただ、そんな中でも大和証券の言い分は、PERとドル円相場の組み合わせによれば、上記のように18,000円~19,300円までが想定される、というものだ。

【関連】休み返上でドル円買い上げの投機筋、次のターゲットは115.46円か?=今市太郎

トランプラリーが終わるのは東京五輪の「3年3カ月前」?

戻り売りのクドい膠着相場のレンジから脱出して、押し目買いに入ったことは事実だ。「噂で買って事実で売れ」の格言からすれば、トランプの大統領就任日(1月20日)が1つのメドとなるが、就任後の100日をハネムーン相場とすれば4月に入る。

これはまさしく、2020年東京五輪の「3年3カ月前」にあたる。

1964年の東京五輪を振り返ると、奇しくも「3年3カ月前」の1961年7月18日に史上最高1829円をつけ、その後4年間の下げ相場を迎え、さらに4年後の正しく同月同日7月18日に1020円の大底を打っている。

当時、東京五輪の3年3カ月前、1961年7月に史上最高値を付けた相場は、そこから1965年の所謂「昭和40年不況」まで、趨勢としては4年間下り続けた。1961年の高値の日と1965年の大底の日が「7月18日」で同月同日であったのは、天意測るべからずというところであろう。

40年不況前後の日経平均の推移

40年不況前後の日経平均の推移

今局面の推移

今局面の推移

「3年3カ月前」説を採るなら、ハネムーン期間(100日間)の終わりとも合致するがどうなるか?この辺まで来れば20,000円超えはあり得るかもしれない。

Next: 2002年2月と似た動きなら、上値は19,000円に?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー