市場の楽観を打ち砕く北朝鮮「6度目の核実験」は8/21にまず警戒を=今市太郎

株も為替も北朝鮮リスクが一服したとの妙な楽観論から買い戻しが進んでいますが、市場が大きく買いに変化したわけではありません。9月に向けてリスク満載です。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2017年8月17日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

オーバーナイトポジは危険、8月21日午前9時と9月9日に警戒を

9月初旬にかけてはリスク満載

金融市場は株も為替も、北朝鮮の攻撃の可能性が一服したとの妙な楽観論から、買い戻しが進んでいます。もともと相場の下落にうまく利用された感が強い北のICBM攻撃ネタですが、為替では8月前半のドル円の大幅下落が2円近く巻き戻されたことになり、ショートで一儲けを企んでいた投機筋の連中もそれなりの買戻しを余儀なくされて、結構見かけ以上にケガ人が出ている印象があります。

しかしこの巻き戻しで市場が大きく買いに変化したかといえば、決してそうではなく、ここからも9月初旬に向けてリスク満載の日々が続きそうな嫌な雰囲気が漂いはじめています。

8月21日午前9時は佳きお日柄?

今年、建国から69周年を迎える北朝鮮は、このまま米国の様子を見ているまま何もしないという可能性は極めて低くなっていると言えます。傍から見ているとこれでICBMを米国領内に撃ち込んだら一巻のおしまいに見えるのが通常ですが、彼らは必ずしもそうは思っていない可能性も高く、ICBMとともに核実験の実施も危惧される状況です。

一説には、金正恩は儒教の教えで統治者の数字と呼ばれる9がつく日に偉くこだわっていて、これまでも核実験を9の日程で決めているといわれています。この縁起のいい9が合計3つになるのが主体暦106年つまり2017年8月21日午前9時で、この日時の数字を足すとちょうど27になる(1+0+6+8+2+1+9=27)ことから、この日に核実験なりICBM発射なりを行なうリスクが指摘されています。

21日と言えば日本は本格的なお盆休み明けであり、30分の時差を考えれば東証がスタートして30分という時間に合わせてことを起こすことになるわけですから、非常に深刻です。

Next: 9月9日も要注意、核ミサイルが飛んでくる可能性も十分にある

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい