FRBの「9月スキャンダル」でビットコインさらに上昇?最新未来予測=高島康司

価格上昇が止まらないビットコインについて、「9月6日前後から年末にかけて上昇のよいチャンス」との最新予測が出た。その俄には信じがたい中身を紹介する。(『未来を見る!ヤスの備忘録連動メルマガ』高島康司)

※本記事は、未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ 2017年8月18日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

9月6日前後に無視できない何かが起こる? ビットコイン最新予測

現況と過去の予測

今回はビットコインの9月相場予測の概況を紹介するが、その前に過去の予測を確認し、現在の状況を見ておきたい。

ビットコインの上昇が止まらない。1週間前の8月10日には36万円台であったが、4日後の8月14日には49万円台となり、50万円を伺う水準まで急騰した。ハードフォークによる分岐の影響で相場が変動する可能性もあっただけに、これは予想外の展開になっている。現在は少し下げ、47万円台になっている。

ところで、元マイクロソフトのコンサルタントだったクリフ・ハイが開発したコンピュータによる未来予測プログラム「ウェブボット」は、7月のレポートで次のように予想していた。

7月23日の週から乱高下の変動期に入るが、ボトルネックとなっている障害が解決されるので、8月にはビットコインは最高値の4800ドル(52万8000円)まで上昇する。そして、同じ時期には新しい仮想通貨がどんどん発行されると同時に、仮想通貨の分野に関連したニュービジネスの起業ラッシュが起こり、楽観的なムードになる。

この予想は、著者のメルマガ第441回で紹介したウェブボットの7月レポートにあった内容である。筆者もこのレポートを見た当時は、いくらなんでも52万8000円まで上昇することはないのではないかと考えていた。しかし、短期間に49万円台半ばにまで一気に上昇したのであれば、8月中に52万8000円に近い水準に高騰したとしても不思議ではない。実際にどうなるかは分からないが、少なくともウェブボットは、ビットコイン上昇のトレンドだけはしっかりととらえていた。

【関連】お金の終わりと始まり。ビットコインブームが告げる金融資本主義の臨界点=伊藤智洋

クリフ・ハイによる7月16日の追加情報

一方、ウェブボットの主宰者であるクリフ・ハイは、7月16日にこの予測を一部訂正するかのような内容をYouTubeのビデオで配信した。

仮想通貨の価格が暴落しているが、騒いではならない。これは予測されていたことだ。23日の週にはおそらくヴェリタシアム(VERI)ではないかと思うが、大きな発表がある。

またウェブボットのデータでは、ビットコインは8月24日まで乱高下を繰り返すとある。それは、歯の歯肉線のように、激しい変動の動きとなるはずだ。しかし8月24日前後にビットコインは高騰する。データではそのときの価格は2888ドル(約32万円)となり、それからはこれがベース価格となり、一気に高騰する。

一見するとこれは、先の上昇予測の訂正であるかのようにも見える。しかし、内容を詳しく検討すると、決してそうでもないことが分かる。ビットコインの相場は「歯肉線ように激しく変動するが、8月24日には約32万円となり、これをベース価格にしながらさらに上昇する」とある。

「歯肉線のような変動」とは、激しい相場の乱高下の描写である。とすると、これからビットコインの相場は極端に下げるのかもしれない。著者の前回メルマガでは、次のような8月の予想を紹介した。

ある情報の発表により、仮想通貨は大きく下げに転じる可能性がある。この情報はさほど重要ではないことが後に分かるが、一時的なインパクトは大きい。どうもこの情報は、政府の規制に関係しているようだ。

もしこの予想が的中するなら、24日前後には32万円台に戻し、そこから改めて勢いよく上昇するのかも知れない。もしかしたら20万円台まで下がる可能性だってある。だとしたら、買うよいチャンスになるだろう。どうなるだろうか?この情報は参考程度にしてほしい。投資はあくまでも自己責任で。

Next: 9月のビットコイン相場は「FRBの大きなスキャンダル」を経て急騰する?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい