舛添要一元都知事の「月給11万円極貧生活」は大ウソ?貧困アピールに批判の声

8月17日放送のテレビ番組『有吉ジャポンSP』(TBS系列)に、元東京都知事の舛添要一氏(68)が出演し、Twitterでは批判の声がでている。

月給11万円の生活になってしまったという放送内容だったというが…。

いくつかツイートをピックアップしたので、ご覧いただきたい。

ツイートをみる限り、視聴者の目には「同情を誘ってるだけ」「本当はお金もっているだろ」といった感想が多いようだ。

今回、舛添氏のメディア戦略は失敗だったのかもしれない。

関連:TBS/有吉ジャポンSP

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】勝負に勝って戦いに負けた舛添要一 品格なき知性、奸計による挫折=吉田繁治

【関連】ついに白旗。舛添要一「東京都知事居座り作戦」の小失敗=ショー

【関連】舛添要一氏の「退職金2200万円」 実際の手取りはおいくら万円?=中村宏

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい