大塚商会<4768>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事5本

※この業績予想は2017年8月7日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

大塚商会<4768>

3ヶ月後
予想株価
7,300円

OA機器商社から総合SI企業へ転換した独立系情報サービス会社。SIから保守まで一貫したトータルサポートを展開。17.12期上期は、大型案件獲得や働き方改革ソリューションの引き合いがあり、営業増益に。

上期営業利益は市場コンセンサス未達も、据え置かれた通期計画には上振れ余地。国内中小企業の投資拡大で事業環境は回復。サイバー攻撃防御ソフトも好調。顧客企業総数106万社に深堀余地。株価は堅調推移を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.12連/F予/671,000/43,000/44,500/29,000/305.90/130.00
1812連/F予/692,000/46,000/47,500/31,500/332.30/130.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/08/07
執筆者:YT

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい