経産省「原発の廃炉はチームワークやで」新電力「は?」東電「いいね!」=ちだい

怒りに震え、パソコンさえも、ぶん投げたい気分です!経済産業省は、原子力利権を守るため、新電力会社に原発で発電した電力を義務的に取り入れさせる方向で調整しています。いい加減にしろよ、クズ官僚ども!今、条件反射的に怒り狂いそうになった読者もいるかもしれませんが、この先を読んだら、もっと怒りで震えると思います。わかりやすく解説しましょう。(『原発ニュース最新情報』ちだい)

※本記事は、『原発ニュース最新情報』2016年12月6日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

新電力会社に原発を“強制” クソ官僚は脳味噌が沸いているのか?

圧倒的に安い「新電力会社」に対する理不尽な圧力

皆さんは、どの会社の電気を契約しているでしょうか。

僕は、福島第一原発事故を起こしてなお、何の反省も検証もなく、柏崎刈羽原発を再稼働させようとしている脳味噌沸き放題の東京電力には1円たりとも払いたくないので、新電力会社の「ENEOS電気」と契約をしました。ENEOSなので、火力発電です。

「おいおい、地球温暖化に貢献するのかよ!」と思うかもしれませんが、そもそも東京電力管内では「地球に優しい」と自称する原子力発電は動いていませんので、どのみち火力発電です。

【関連】突撃取材「家主の私がレオパレスを訴えた理由」集団訴訟はなぜ起きたか?=姫野秀喜

そうこうしている間にクリーンエネルギー100%を謳うような新電力会社ができた時には、電気料金が高くなったとしても、そちらに乗り換える準備はできています。

ぶっちゃけた話、ENEOS電気は東京電力より安いです。現時点で既に安いのですが、今後、何も規制されずに今のままだったら大手電力会社と新電力会社の価格差はどんどん開き、誰も大手電力会社と契約しなくなってしまうことは明らかです。

どうしてかって、原発は廃炉にかかる費用が非常に大きく、中間貯蔵施設やら最終処分場やらの値段はまだ加算されておらず、これからどんどんユーザーへの費用転嫁が始まるからです。

原発の値段が安いと言っているのは、あくまで「もんじゅ」が成功し、核燃料棒が半永久的に使えることを想定したもので、核燃料単品を発電コストとして計算しているから。原発にかかる総額から計算していないので、「原発が一番安い」というのは明らかに誤魔化しています。

なにしろ、誰一人として「原発コストの明細書」を出した人はいませんし、あくまでざっくりとした金額(本当の総額ではなく、都合よく抜けるものは抜いた金額)で値段を出しているので、そもそもアンフェアなのです。

新電力会社は原発を持っていません。それは規模が小さいからというのも一つの理由ですが、仮に大規模になっても原発を持つことはありません。原発を導入すると価格で競争できなくなるからです。

アホほどコストがかかる原発を持つなんて頭が悪いにも程があるから。総括原価方式で高いコストをかけても絶対に回収できるビジネスモデルではないので、アホほど高いコストをかけようという発想になりません。

既に新電力会社の方が料金は安い。この事実は衝撃的です。既に価格で勝負できなくなっている大手電力会社は、このままではどんどん顧客が新電力会社に流出し、ユーザーが少なくなったら電気代を上げなければならなくなります。

逆に、新電力会社は顧客が増えるばかりなので、さらに電気代を下げるという選択肢も生まれ、さらなる顧客の獲得に成功するでしょう。今はまだ新電力会社と契約する人は全体の2%ぐらいなので、大手電力会社もギリギリで生きていけますが、このままでは確実に新電力会社の方がお得になってしまう。

大手電力会社による新電力会社への圧力は始まったばかりです。

Next: 「廃炉費用が青天井なので新電力から調達します」意味不明すぎる論理

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい