遂に始まった「波乱の9月相場」秋の大バーゲンセールを見逃すな=藤井まり子

日経平均はすでに売られ過ぎのバーゲンセール状態です。もしミサイルが日本列島に着弾して日経平均が1万7,000円台を割れば、大大大バーゲンセールです。(『資産形成・マクロ金融deあそぼ♪ − 貞子ちゃんの連れ連れ日記』藤井まり子)

※本記事は有料メルマガ『資産形成・マクロ金融deあそぼ♪ − 貞子ちゃんの連れ連れ日記』2017年9月5日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

すでに売られすぎの日本株。米朝関係が悪化すれば大バーゲンに

北朝鮮は9月9日の建国記念日に何をしでかすか?

9月5日からアメリカ議会が開催しています。後述しますが、ハリケーン・ハービーの被害が甚大だったことが「幸い」して、アメリカ議会での「上限債務引き上げ」はすんなりと可決される可能性も出てきました。

そして、本日9月7日(木)はドラギECBが金融政策を発表します。「直近の急速なユーロ高」は、ユーロ圏の物価を引き下げます。「急速なユーロ高」に一番困惑しているのは、ドラギECB総裁自身でしょう。この日の決定会合では、テーパリングについての議論は「封印」される可能性が出てきました。「行き過ぎたユーロ高」は止まるかも…

9月19日~21日はイエレンFOMC開催です。2017年金融界の最大のトピックスである「バランスシート縮小」着手が(たぶん10月1日から開始)発表されることでしょう。

こういった中、北朝鮮が9月3日(日)に「水爆実験」を行いました。大方の見方は、「9月9日の北朝鮮の建国記念日には、北朝鮮は6回目の核実験を断行するだろう」といった内容でした。

ですから、1週間繰り上げの「3日の6回目の核実験」には、とてもとても驚かされました。「3日にさっさと水爆実験をしたとなると、建国記念日である9月9日には、北朝鮮は何をしでかすのだろうか?」という点が、とてもとても大問題なんです。

北朝鮮は9日(?)発射のためにICBMの移動を開始した」との報道もあります。

さらに驚いたことは、前回1年前の5回目の核実験よりも、破壊力が急速に増していたこと。北朝鮮発表によれば「水爆実験」だったとのことです。アメリカ側の発表でも、今回の「水爆」は広島長崎型の6倍~10倍の威力があるとのこと。

北朝鮮は、「ICBM(大陸間弾頭弾)の先端に搭載可能な水爆」の開発に成功しつつあるということになります。

9月9日に「何もしない」という選択はない

それに対して、マーケットは意外と落ち着いた反応を示しています。日本国内の市場関係者の間には「北朝鮮の核やミサイルにいちいち怖がっていては格好悪い」といった「やせ我慢の風潮」がありますが、それは間違いです。

北朝鮮をめぐる地政学的リスク」は、9月3日以前と以降では、格段にリスクは高まっています。なにか偶発的な出来事が引き金になって、局地戦争へと突き進む可能性は、今回の水爆実験で高まってしまったのです。

北朝鮮としては、「記念すべき建国記念日」に何もしないという決断は、国民の手前「選択しづらい」

9月9日には、「ミサイルに小型の爆弾(核ではないかもしれない。そう願いたい!)を搭載して太平洋に向けて発射するのではないのか?」といった予想も成り立つわけです。

Next: 東アジアで高まる地政学的リスク。最終的な落とし所は?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー