平均月給4万円。親日国家「モンゴル」への投資はどこまで有望?=荒川雄一

私は先日、モンゴル国に行ってきました。国名は知っていても、詳しい人はあまり多くない親日国です。国の概要から経済、街の様子までお伝えしましょう。(『海外ファンドで資産を作ろう!』荒川雄一)

プロフィール:荒川雄一(あらかわ ゆういち)
国際フィナンシャルコンサルタント、海外ファンドアドバイザー。金融機関に影響を受けない独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)として、投資顧問会社IFA JAPANほか、リンクスグループ3社の代表を務める。投資教育にも力を入れており、国立高知大学講師、大前研一氏監修BBT大学院大学講師などを歴任、講演回数800回以上。その他、日本経済新聞社、各マネー誌、フジTVなど執筆、出演も多数。

横綱白鵬だけじゃない、親日国家モンゴルをもっと知ってみよう

モンゴルに行ってきました

先週、上空を弾道ミサイルが飛ぶ可能性がある中、韓国経由で「モンゴル国」に行ってきました。直行便もあるようですが、繋ぎが悪く、乗り換えに7時間待ちだったのにはまいりました…。ということで、今回はモンゴルにフォーカスしてみたいと思います。

モンゴルという国は知っていても、モンゴルについて詳しい人はそう多くないかと思います。なので、まずは国の概要などからお伝えします。

(1)国の概要~日本の約4倍の広さに人口312万人

モンゴルの面積は156万4,100平方キロメートルで、日本の約4倍の広さがあります。そして、この広大な土地の中に、311万9,935人(2016年現在)の人たちが生活しています。

首都はウランバートル(人口139万6,288人)で、人口の約95%がモンゴル人。その他カザフ人をはじめとする少数民族が暮らしています。

宗教はチベット仏教がメインで、それ以外にシャーマニズムがいまだに信仰されています。

モンゴルと聞いて日本人が1番初めに思い出すのは、「チンギス・カン」の名前ではないでしょうか。「白鵬」と言う人もいるかもしれませんが(苦笑)、チンギス・カンが1206年に創設したモンゴル帝国は、歴史の教科書で読まれた方も多いのではないかと思います。ただ、その後のモンゴルの政治体制については、あまり詳しい方は少ないと思います(私自身、よく理解していませんでした)。

モンゴル帝国崩壊後、モンゴルは、長らく中国の支配下にありました。その後、ロシアの援助などを受けて、1924年にモンゴル人民共和国として社会主義国家が成立します。

その後、ロシアの影響を長い間受けてきましたが、1989年末に、ソ連や東欧の情勢変化によってモンゴルでも民主化運動が起きました。翌1990年、当時の首相の決断によって一党独裁の社会主義を放棄。1992年には、モンゴル人民共和国からモンゴル国へ改称し、民主国家を樹立しました。

ただ、民主化を進めるプロセスの中で急速に市場経済化を進めたため、「貧富の差」が拡大する結果となってしまいました。

また、民主主義国家になってまだ27年しか経っておらず、生まれた世代(年代)によって“ジェネレーションギャップ”が大きいのも、モンゴルの特徴の1つと言えそうです。

(2)経済面~平均的なサラリーは月4万円程度

モンゴルの主要産業は、鉱業牧畜業軽工業といったものです。2016年の名目GDPは、11,160百万米ドル(約1兆2276億円)人口1人当たりのGDPは、3,856.8米ドル(約42万円)といったところです。

確かに案内してくれたガイドによれば、首都のウランバートルでの平均的なビジネスマンのサラリーは4万円程度と言っていました。

民主化以降、日本を始めとする各国や国際機関の支援により、1994年には経済成長率が初めてプラスに転じました。しかし、2008年のサブプライム問題などを発端とする世界的な金融・経済危機の影響を受けて、2009年には-1.3%の成長にまで落ち込みました。

ただ、2010年に入ってからは鉱物資源の国際相場の回復などもあり、2010年は6.4%、2011年17.3%、2012年12.4%、2013年11.7%と高い経済成長を続けてきました。

近年はモンゴルへの外国からの投資が激減し、さらに中国の景気減速や世界的な資源安の影響もあって、2015年の経済成長率は2.3%、そして2016年は1%にまで落ち込んでいます。

そんな中、モンゴル政府は今年に入って、国際通貨基金(IMF)との間で「拡大信用供与措置(EFF)の受け入れに合意しました。現在はEFFに基づき、経済・財政の立て直しに取り組んでいるのが現状です。

Next: モンゴル国民の7割が「日本に親しみ」でも投資対象としては厳しい?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい