天性の商才などいらない!サラリーマンが会社ブランドなしで稼ぐ技術=俣野成敏

副業にしろ起業にしろ、商売で成功するには「売れるテーマをビジネスにする」ことです。では、どれが売れるビジネス?今回はそれを見分けるコツを説明します。(俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編

プロフィール:俣野成敏(またのなるとし)
大学卒業後、シチズン時計入社。リストラと同時に公募の社内ベンチャー制度で一念発起。31歳でアウトレット流通を社内起業、年商14億円企業に。33歳でグループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。著書に『プロフェッショナルサラリーマン』『一流の人はなぜそこまで、◯◯にこだわるのか?』などベストセラー多数、累計34万部超。2012年に独立後は、ビジネスオーナーや投資家として活動の傍ら、私塾『プロ研』を創設、マネースクール等を主宰する。『MONEY VOICE』のほか『リクナビNEXTジャーナル』等にも寄稿、メディア掲載多数。『まぐまぐ大賞2016』で1位(MONEY VOICE賞)を受賞。

※本記事は有料メルマガ『俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編』2017年9月7日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月すべて無料のお試し購読をどうぞ。今なら本記事で割愛した全文もすぐ読めます。

大副業時代のマネタイズ(下) これが「自分で稼ぐ」能力の磨き方だ

「ビジネスセンス」は天性のものではない

副業にしろ、独立起業をするにしろ、商売のポイントとは「売れるテーマをビジネスにする」ということです。しかしそうなると、おそらく多くの人が聞きたいのが「では、どれが売れるビジネスなのか?」ということなのではないでしょうか。

そこで今回は「売れるビジネスを見分けるコツ」について説明しましょう。

元来、「次は何が流行るのか?」を見抜くのは簡単なことではありません。しかし世の中に“仕掛け人”と呼ばれる人がいる以上、やはり見通すことができる人はいる、ということを示しています。

売れるビジネスを見抜ける人には、主に2つのパターンがあります。それは、

  1. 天性の勘を持っている人
  2. 後天的に訓練を行い、見抜けるようになった人

の2つです。もし、「自分は(1)のタイプではない」と思われる人は、(2)の方法で身につけるしかありません。

世間では「ビジネスセンスを身につけるために新聞を読め」「ビジネス番組を見ろ」などとまことしやかに言われているようですが、既存メディアが伝えているのは、たいてい過去の結果です。確かにそこからヒントを得られる人はいるでしょうが、その前に、そもそも「情報からヒントをつかめる状態」になっていなければなりません。

前回のメルマガ(Vol.65)で、筆者がサラリーマン時代の社内ベンチャーの話を例に説明しましたが、すでに「あるもの」との組み合わせでも、十分に商売は成り立ちます。起業と言えども、発明のような大それたことは必要ありません。普通の人は、「どこかに成功するビッグアイデアがあるに違いない」と考え、それを見つけようと懸命になっています。けれど大事なのは、まずは有益な情報を「これは有益だ」と気づくことができる能力です。

もし、天性の才能を持っていない場合は、感受性を高めるためのトレーニングが必要になります。私もどちらかというと、(2)の後天的に身につけたタイプですので、訓練次第であなたも身につけることは可能です。

Next: 流行っているものには、必ず「理由」がある

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい