順当なGDP大幅下方修正、それでも「順調な成長」を強調する日本の問題点=近藤駿介

政府がGDPを4.0%増→2.5%増へ大幅に下方修正。内需の寄与度も1.3ポイント→0.9ポイントへ下方修正されたが、「内需主導の成長は変わっていない」としている。(『近藤駿介~金融市場を通して見える世界』近藤駿介)

プロフィール:近藤駿介(こんどうしゅんすけ)
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験。評論活動の傍ら国会議員政策顧問などを歴任。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝える無料メルマガに加え、有料版『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』を好評配信中。

やはり高すぎた速報値。本当に内需主導の成長は変わらないのか?

GDP、4.0%増→2.5%増に下方修正

内閣府が8日公表した国内総生産(GDP)の改定値は、物価変動の影響を除いた実質の年率換算で前期比2.5%増となり、8月の速報値(4.0%増)から下方修正された。

出典:GDP2.5%増に下方修正 4~6月改定値、設備投資伸び小さく – 日経電子版(2017年9月8日配信)

瞬間風速にしても高過ぎると思われていたGDP速報値。やはり大幅に下方修正された。

実質成長率に対する内需の寄与度は速報の1.3ポイントから0.9ポイントに下方改定。外需はマイナス0.3ポイントで変わらなかった。内閣府は「内需主導の成長は変わっていない」とした。

出典:GDP2.5%増に下方修正 4~6月改定値、設備投資伸び小さく – 日経電子版(2017年9月8日配信)

「成長への寄与が最も大きかった個人消費も、速報値の0.9%増からわずかに下方修正して0.8%増」となったなかで、「内需主導の成長は変わっていない」と判断するか、「頼りない内需に辛うじて支えられた成長」と見るかは、読み手のセンスと判断

「7月の名目賃金は1年2か月ぶりに前年を下回った。月々の給料は増えたが夏のボーナスが減って総額が目減りした」なかで「内需主導の成長は変わっていない」という判断は、楽観的過ぎるともいえる。

GDP改定値は1~3月に1.2ポイント、4~6月は1.5ポイントそれぞれ下方修正された。現在の推計方法となった10年4~6月以降で、最大の下げ幅を2四半期続けて更新した。

出典:ぶれる日本の成長率 再び「法人企業統計」でズレ – 日経電子版(2017年9月8日配信)

下方修正の原因は

GDPが大幅に下方修正された原因は、1~3月期は在庫4~6月期は設備投資

在庫は以前からGDPを予測するうえでの不確実要素で、GDP予測を外しまくる民間エコノミストが泣きついたことで、2015年から民間企業の在庫の内訳が開示されるようになった。しかし、その効果はほとんど現れていないことが明らかになった。

必要なデータが不足しているから予想が外れるのか、それとも十分に揃っているデータを正見できないから予想が外れてしまうのだろうか。

【関連】安倍内閣がひた隠す景気後退「いざなぎ詐欺」の忖度と不正を暴く=斎藤満

ちなみに、「マーフィーの法則」の中の「スペンサーのデータの法則」では、次のような指摘がされている。

  1. 十分なデータがあれば、誰でも判断を下せる
  2. 有能なマネージャーは、データが不十分でも、判断を下せる
  3. 完璧なマネージャーは、何も知らなくても、職務を全うできる

さて、日本の経済政策を担っている人やアナリストは、どこに属する人達なのだろうか。


有料メルマガ『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<購読開始ですぐ読める! 9月配信済みバックナンバー>

・フィッシャーFRB副議長辞任~トランプ政権と歩み寄るFRB(9/7)
・「政治的混乱のなかでの株高」と「有事の円買い」(9/4)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

9月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

8月配信分
・「借金大国日本」を煽る有識者が語る北朝鮮ミサイル上空通過で円が買われる理由(8/30)
・【解説】Vix指数(恐怖指数)(8/28)
・イエレン議長再任の可能性を感じさせたジャクソンホール(8/28)
・「金融・経済問題」から「政治問題」になる異次元の金融緩和継続(8/25)
・地政学、政治、金融政策…、トリプルリスクに対応を迫られる金融市場(8/21)
・地政学リスクが「一線を越えた」ことで過去のものとなった「安全な資産」(8/14)
・元FRB議長の「債券バブル」警告と内閣改造で生じる政府日銀間の亀裂(8/7)

7月配信分
・堅調な株式市場に忍び寄る環境変化(7/31)
・「金利の正常化」から「準備預金の正常化」に軸足を移すFRB(7/24)
・お上の「見える手」が最も少ない為替市場に現れた変化の兆し(7/23)
・「オプション取引解説セミナー」動画配信(7/20)
・乖離し始めた債券市場と株式市場 ~FOMCで「Several」が「Major」に転じる日?(7/10)
・風向きが変わり始めた世界 ~「本当の政治リスク」にご用心?(7/3)

6月配信分
・「リスクテンコ盛り」からリスクが消えた?(6/26)
・乖離し始めた株式市場と経済&孤立する日銀(6/19)
・「政治的リスク」が叫ばれる中でボラティリティが失われた金融市場(6/12)
・証券マンと金融マンの思考の違い(6/6)
・証券マンと金融マンの違い~大きいことは必ずしもいいことではない(6/6)
・高邁な政治とリアリストの市場(6/5)

【関連】北朝鮮に翻弄される為替市場、「有事の円買い」真の元凶はこれだ=近藤駿介

【関連】北朝鮮リスクの損得勘定~ミサイル発射で誰がどれだけ「得」をする?=矢口新

近藤駿介~金融市場を通して見える世界』(2017年9月8日)より
※記事タイトル、本文見出し、太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

近藤駿介~金融市場を通して見える世界

[無料 ほぼ 平日刊]
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動してきた近藤駿介の、教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝えるマガジン。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー