富裕層に一歩近づく!サラリーマンが「複数の収入源」を確保する方法=山田健彦

本シリーズでは、ごく普通の人が「複数のラインから収入を確保する」方法を考察します。投資商品にもいろいろありますが、まずは不動産から見ていきましょう。(『資産1億円への道』山田健彦)

給料だけじゃ満足できない人のための、お金の増やし方実践講座

選択肢はたくさんある

個人がお金を増やす投資商品として良く聞くのは、株式投資不動産投資商品先物FX、さらには金や銀などの実物資産投資です。また最近では、ビットコインソーシャル・レンディングエネルギー・ファンドアンティーク・コインなども聞くようになりました。

投資商品以外にも、ヤフオクやメルカリを使用した物販もあります。さらには、地理的に国内か海外か、という選択肢もあります。

そんな中でいま、新たな本の発行やセミナーが盛んなのは不動産投資のようです。ネットはもとより、新聞にも良くセミナー広告が出ています。そこで、まずは不動産投資から見ていきましょう。

【関連】貧乏な家の子どもがお金持ちになれない本当の理由と「思考格差」の正体=午堂登紀雄

不動産投資は富裕層の特権?

筆者自身は大家さんとなったことはないのですが、不動産投資には多額のお金が必要で、都市部であれば、数千万から数億円くらいと言われています。

知り合いの不動産鑑定士さんによると、築30年以上のワンルーム・マンションなら3百万円くらいの物件もあるようですが、いずれにしても、事前に周辺環境の調査や耐震性、建物の保守の状態などの確認が必要とのことです。

また、購入にあたってはさまざまな契約手続きや登記手続きなどがあり、完全に自分の持ち物となるのには、早くても3ヶ月は必要らしいです。

無事、大家さんデビューしても空室や家賃の滞納リスク、さらに固定資産税や、保険料など様々なお金がかかるので、表面利回り(年間家賃収入÷取得コスト)は10%以上ないと黒字は見込めないとのこと。

いま、大都市圏でそれだけの利回りを見込める新築物件はありません。それでも富裕層に不動産投資が人気なのは、相続発生時の節税効果が絶大だからなのです。

現時点で覚えておくべきポイント

細かいことは省きますが、現在の税制では、相続時の資産評価は圧倒的に不動産に甘くなっています。

現金1億円は、相続発生時にはそのまま1億円と評価されますが、1億円相当の不動産は、一定の条件を満たすことで、評価額が約2千万円となります。

資産が5分の1にまで圧縮できるので、相続税の節税効果は大です。

このメルマガは、これから資産を増やしましょう、ということが主題なので、節税対策については細かくは触れませんが、富裕層の行う不動産投資は資産を増やすという攻めの投資ではなく、既に築き上げた資産の散逸を防ぐ守りの投資なのだということを、まずは覚えておきましょう。

その上で、いま自分にできること、やるべきことを考えるのが大切です。

Next: お金持ちではない「普通の人」が不動産に投資するには?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー