北朝鮮のミサイル発射ショーに「退屈しはじめた」ドル円相場のポイント=今市太郎

北朝鮮がまたミサイルを発射。ただ109.500円レベルまで下げたドル円は、すかさず買いが入って値を戻しており、市場はこのネタに飽きているようです。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2017年9月15日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

この状況はいつまで続く?北朝鮮が「またまた」ミサイルを発射

Jアラート発動も、市場の反応は比較的冷静

昨晩のNY市場では、北朝鮮がミサイルを移動しているという報道が出たことで、経済指標が良くてもそれを打ち消すように、ドル円は瞬間的に下落する場面がありました。

ミサイルが移動しているだけで、いつ発射されるかもわからない状態では、1つだけ報道が飛び出してもその先が続かず、下落も一過性に終わってしまいましたが、さすがにNYタイム終了時にはこの日の安値レベルまで下落する動きとなり、危ない兆候に対して簡単には買い向かえない、なかなか微妙な市場センチメントが流れていることがわかります。

と言っているうちに、今朝(15日)7時すぎに、また北朝鮮がミサイルを発射してしまいました。ここからどうなるかはよくわかりませんが、109.500円レベルまで下げたドル円は、すかさず買いが入って値を戻している状況です。

米ドル/円 15分足(SBI証券提供)

米ドル/円 15分足(SBI証券提供)

下落幅はだんだん小さくなっているが…

ただ、1つ言えるのは、ミサイル発射によってドル円の下げが始まっても、それほど大きな下落にならなくなりつつあることで、市場はこのネタにかなり飽きはじめていることがうかがわれます。

ただ、毎回同じ結果が出るだけならばそれもありだろうとは思うものの、ひとたび被害が出始めるような事態に追い込まれると状況は一変することになりますから、あまり軽く考えるのも危険で、とにかく戻り売りをする以外には、ドル円は手の出しようがない状況が続いています。

Next: ドル円の「仕掛け買い」をしているのは一体誰か?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー