1ドル113円は余裕であり得る! この「ドル高」を舐めたら危険だ=長谷川雅一

現在のドル高について、「突発的なものであり、続かない」と見る向きが多いようです。しかし私は、このドル高は9月末まで続く可能性があると考えています。(『長谷川雅一のハッピーライフマガジン』2017年9月15日号より)

プロフィール:長谷川雅一(はせがわ まさかず)
1959年、岐阜県生まれ。株式会社プレコオンライン(金融商品取引業)代表取締役社長。2000年より株式投資の研究を始め、日本で初めて「株の自動売買」という言葉を使った著書を出版。株式投資の世界では、「株の自動売買」ブームの火付け役として知られている。現在は、自動売買ソフトの開発、投資教室、メルマガの執筆など、多忙な日々を送っている。

1ドル115円も射程圏内。このドル高は9月末まで続く可能性が高い

米ドル/円が上昇している

米ドル/円が上昇して(ドル高になって)います。本メルマガを書いている時点で、米ドル/円は、111.30円付近まで買われています。

先週末(9月8日)の段階では、「円高が当分続く。107円割れもありえる」といった見方が主流でした。

「円高まっただ中」のタイミングで、僕が本誌に書いた、「円高の中にドル高の兆しあり」というコメントは、ほぼ「笑い飛ばされた」だろうと思いますが、やはりドル高となりました。

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

さて、このドル高は続くのでしょうか?

邦人トレーダーは「ドル売り(円買い)」の判断

現在のドル高については、「突発的なものであり、続かない」と見る向きが多いようです。日経新聞(電子版)にも、12日以降の米ドル/円上昇に際して、邦人のトレーダー達が、こぞって米ドル/円を売っているという記事が掲載されていました。

  • 北朝鮮リスク
  • 米国の政治的混乱やハリケーンの被害

などの悪材料が「まだ進行中だから」というのが、米ドル/円を売る理由のようです。

「このドル高は突発的なもので長続きしない」という予想のもとに、ドル売り(円買い)を仕掛けているトレーダーが多い、というわけです。

その気持はわかります。

Next: 安易な売りは危険。逆行する(さらにドル高になる)可能性が高い

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー