韓国はもう死んでいる。日本と世界がノーを突きつける「通貨スワップ協定」の行方

実は難しい「慰安婦像」撤去。成功してもデモと再設置の繰り返しに

万が一撤去しても、世論の反発で抗議デモが起こる。そして、また同じことが繰り返され、再設置される。韓国政府は今回のことで、二つの場所(ソウル大使館・釜山領事館前)を24時間・年中監視することになるわけだ。

正直、本気で日韓慰安婦合意を守るとなれば、設置しようとする市民団体を問答無用で射殺するぐらいの覚悟がないとできないだろう。そんな勇気のある指導者は、どこにもいない。朴槿恵大統領も弾劾されており、世論に契合しかできない野党は、日韓慰安婦合意の重要性を一つも理解できていない。つまり、もう詰んでいるのだ。

実際、多くの日本人は撤去した後のことは考えてないと思われる。だが、考えれば上記の通りになるのだから、韓国が「日韓慰安婦合意」を履行するというのは、かなり難しいということだ。そのハードルの高さは、韓国大統領の弾劾よりも遙かに上ということだ。だとしても、合意した以上は韓国に履行してもらう必要がある。そのことが、韓国という国が信用に値するどうかの「踏み絵」になるからだ。今のところ、その信用はまったくない。韓国は「誠意」を見せて欲しいと、安倍総理が述べている。

今週の韓国市場

日付 KOSPI ウォン KOSDAQ 先物 外国人(ウォン)

26日 2037.75 1201.40 615.16 258.85 -309億
27日 2042.17 1207.60 618.38 259.25 935億
28日 2024.49 1210.50 627.27 260.15 1267億
29日 2026.46 1207.70 631.44 260.30 358億
30日 お休み

2017年

02日 お正月
03日 お正月
04日 2045.64 1206.40 639.79 263.40 2145億
05日 2041.95 1186.30 642.48 262.48 842億

お正月は当メルマガが休みだったので、2週間分を掲載。といっても、2日と3日は韓国市場は開いていたが、日本やアメリカ市場など他はお休みだったので、ほとんど影響はない。4日は1200より下げていたのを、5日にウォン高へと急上昇した。ただ初動であり、トランプ政権誕生前の動きなので、様子見といったところだ。あと2週間は、投資家も傍観するのではないだろうか。トランプ政権は未知数なところが多い。私もこの動きだけでは、次の市場の予想はできないと考えている。
続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2017年1月8日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】大阪寿司店「わさび大盛りテロ」の考察~韓国による自作自演の可能性も

【関連】海外カジノ業者と国内パチンコ大手のタッグに「毟りとられる」日本人=施光恒

【関連】日本が「中国への技術提供」を今すぐやめるべき3つの理由=三橋貴明

1 2 3

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』(2017年1月8日号)より一部抜粋・再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

[月額313円(税込) 毎月第1~4日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
数年ごとに起きるデフォルト危機。世界経済が後退すれば、投資家が真っ先に資金を引き揚げていく新興国市場。輸出依存が96%という恐ろしい経済構造。ヘッジファンドに玩具にされる韓国市場。中国の属国化へと突き進む2014年。並行してスタグフに悩まされる現実。そして、1100兆ウォンを超え、雪だるま式に膨らむ家計債務の恐るべき実態。経済の問題点とは何なのか?なぜ、また、第四次経済危機が迫っているといえるのか。それは読めばわかる!投資、ビジネス、教養、雑談ネタにも最適な、最も韓国経済の実情を知ることが出来るメルマガ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー