「欲しい理由」と「いらない理由」を手帳に書き出す節約術→意外な弱点とは?

Twitterユーザー、しらこちゃん (@kokoropinpin)さんが日々実施しているという、“無駄使い対策”が話題を呼んでいる。

なんでも彼女は、日用品以外の欲しいものができると、手帳に「欲しい理由」と「要らない理由」を書き、前者のメリットが上回った場合のみ、その商品を買うようにしているらしいのだ。

【関連】日本発地獄行き。「念願のマイホームを買う」という幸せゲームの末路=鈴木傾城

だが、ここ最近この手法に、ある問題が起こりつつあるのだとか。

無くても死なない」。
その理由が強すぎて、何も買えなくなってきたというのだ。

無駄使いしたくない時は、この方法が効果的かもしれない!

Twitter上の反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】今のビットコインバブルが、80年代不動産バブルよりも危ない理由=中島聡

【関連】サラリーマンの「一生働かずにすむ金が欲しい」はなぜ危険なのか?=午堂登紀雄

【関連】いくらで人生逃げ切れる?超少子高齢化社会の「ハッピーリタイヤ」入門=俣野成敏

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー