総務「何言ってんだこの子は」ホワイト企業に転職して感じたカルチャーショックとは?

ホワイト過ぎて、むしろ困惑!?

少し前、ブラックな会社から全く体質の違う別企業へと転職したという、 4.5P(@yontengoP)さんの“体験”が、注目を集めている。

【関連】小池流「ユリノミクス」の経済学。結局、誰が得して誰が損するのか?=斎藤満

それは残業についての確認を、総務の人と行っていたときの話であったらしい。

月12時間ということは、仮に毎日残業するとしても約30分程度である。

36協定に記載されている残業時間の上限は月45時間だが、その約4分の1だ。

こんな労働者にとって“神”な待遇を進んで整備してくれる会社が、今の社会に存在していたなんて…。

Twitter上での反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】消費者保護を謳う金融庁は、なぜFX業者にゼロカットを義務付けないのか?=今市太郎

【関連】サラリーマンの「一生働かずにすむ金が欲しい」はなぜ危険なのか?=午堂登紀雄

【関連】日本発地獄行き。「念願のマイホームを買う」という幸せゲームの末路=鈴木傾城

【関連】銀座の美人ママ・日高利美さんが教える「すべらないお店選び」6つのルール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー