東洋紡<3101>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事5本

※この業績予想は2017年10月12日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東洋紡<3101>

3ヶ月後
予想株価
2,500円

包装用・工業用のフィルムと工業用接着剤・エンジニアリングプラスチックなどの機能樹脂が主力製品。自動車のエアバッグ用基布・スーパー繊維などの産業用繊維や医薬品にも展開。販管費の抑制で18.3期1Qは増益に。

電子部品関連の特化フィルムを軸に工業用フィルムが好調。エンジニアリングプラスチックが国内外とも自動車向けで伸びるなど機能樹脂も順調に拡大。原材料高をこなし、18.3期は増収増益へ。株価の上値追いを見込む。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/340,000/25,000/23,000/13,500/152.06/40.00
19.3期連/F予/350,000/27,500/25,500/14,500/163.33/45.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/12
執筆者:HH

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー