どう対応すべき?「画面割れスマホ」片手に金銭をゆする当たり屋の新手口

少し前は「歩きスマホしている歩行者にわざと当たっていく当たり屋」が横行していたが、今回のものはさらにタチが悪い。

【関連】お金持ちを見習って「長財布」を使う人がますます貧乏になるワケ=午堂登紀雄

「わざとぶつかり、元々画面がバキバキに割れたスマホの修理費を払えと言ってくる」というのだ。

真偽の判断がしづらい上に、しつこく来られてはなかなか正常な判断もしづらいだろう。

これには賛同と注意喚起のコメントが集まっている。

この投稿が拡散され、さらなる被害者が出ないことを祈る。

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】「ググれカス」はもう古い。賢明な投資家のための情報収集術(上)=俣野成敏

【関連】報道されぬ「日本完敗」トランプとのゴルフ外交に賭けた安倍官邸の大誤算=近藤駿介

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー