1960~70年代マーケットの重大事件を振り返る――IOSショック、ニクソンショック、オイルショック

投資歴54年の山崎和邦氏が思い出の投機家を振り返る本連載、今回は本連載に登場する投機家たちが活躍した、1960~70年代のマーケットにおける重大事件を解説します。

1960~70年代の投機家たちを翻弄した重大事件の数々

今回は本連載に登場する投機家たちが活躍した、1960~70年代のマーケットにおける重大事件を取り上げよう。

緻密な情報分析で「町に血が流れる時」に買い、年利80%以上を叩き出す投資家H氏

  • 1953(昭和28)年 「スターリン暴落」
  • 1963(昭和38)年 「ケネディ暴落」
  • 1970(昭和45)年 「IOSショック」
  • 1971(昭和46)年 「ニクソンショック」
  • 1972(昭和47)年 「ポンドショック」
  • 1973(昭和48)年 「第1次オイルショック」

時代は循環するというが、こうしてみると当時は、近年に勝るとも劣らない様々な「暴落」「ショック」が市場を襲った時代であった。

yamazaki_09_011

本稿では、いざなぎ景気終焉の前兆となった「IOSショック」、戦後経済最大の転換点となった「ニクソンショック」、そして日本の高度成長時代の終わりを告げた「第1次オイルショック」を中心に振り返ってみたい。

とりわけ日本経済に長期的な打撃を与えて曲がり角を造った、第1次オイルショックは重要である。

Next: いざなぎ景気終焉の前兆「IOSショック」 東証ダウは-8.69%の大暴落

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報『投機の流儀』

[月額1500円(税込) 毎週日曜日配信]
市況動向や世界的超金融緩和の行く末を、学者兼投機家の視点で分析。読者質問コーナーでは活発な意見交換も。初月無料で会員限定の投機コミュニティを覗いてみるチャンス!
ご購読はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー