ドル円相場は想定内、「円高=株安」の思い込みを捨てる準備を始めよ=江守哲

ドル円相場の分析のほか、今年に入って予想外の復活を遂げた著名ヘッジファンドの運用成績や、ヘッジファンドによるビットコイン運用などについて解説します。(江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて

本記事は『江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて』2017年11月20日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:江守哲(えもり てつ)
エモリキャピタルマネジメント株式会社代表取締役。慶應義塾大学商学部卒業。住友商事、英国住友商事(ロンドン駐在)、外資系企業、三井物産子会社、投資顧問などを経て会社設立。「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」。商社・外資系企業時代は30カ国を訪問し、ビジネスを展開。投資顧問でヘッジファンド運用を行ったあと、会社設立。現在は株式・為替・コモディティにて資金運用を行う一方、メルマガを通じた投資情報・運用戦略の発信、セミナー講師、テレビ出演、各種寄稿などを行っている。

112円10銭ないし111円50銭を守れるか?それでも株には強気でOK

「米国の望まないドル安」どう見る

ドル円は週末に急速にドル安になりました。

17日は、東京時間でモラー特別検察官がトランプ選挙陣営に召喚状との報道が流れ、これをきっかけに売りが出始めました。113円を割り込み、一時112円まで下げました。これまでの膠着状態から、少し円高の圧力がかかり始めています。

いまの市場は、米国にネガティブだと、やはりドル売りになります。しかし、これは米国が望む形でのドル安ではないですね。少し警戒が必要かもしれません。

もっとも、株価の方はそれでも堅調ですし、特に日本株はまだ割安です。ドル円の下落への影響も限られるのではないかと考えています。

チャートの話を先にすると、112.10円にポイントがあります。週末時点ではほぼ同水準で引けています。今週はこれを下回るかどうかを見ていくことになります。

米ドル/円 日足(SBI証券)

米ドル/円 日足(SBI証券)

割り込むと、次は111.50円がポイントです。これを割り込んでしまうと、大崩れは不可避になります。かなり注意が必要な水準になってきたことを理解しておきたいところです。

しばらく無理は禁物。とはいえ

一方、10月の米CPIが前年同月比2.0%となり、前月の2.2%上昇から鈍化したため、これがドル円に影響を与えています。

10月末時点の日米実質金利差から見た推計理論値は110.70円にまで上昇しています。

これは日本の10月のCPIが変わらない前提であり、日本のCPIがさらに上昇すると、円安方向にさらに引き上げることになります。この意味では、方向性としては円安圧力が掛かりやすい状況にあるといえます。

米CPIの伸び悩みは意外でしたが、原油価格の上昇の勢いが弱いということでもあります。

私が考える長期的なドル円のサポートは110.60円から110円ちょうどです。この点からも110.70円の推計理論値はきわめてリーズナブルといえるでしょう。これ以上の水準は、できればロングで攻めたいところですが、その方向性もまだはっきりしていません。

いまはまだ無理をする局面ではないといえます。まずは112円を維持できるかを確認したいと考えています。そのうえで、113.60円を超えた場合には、ドル上昇の可能性が高まると考えています。

米税制改革の方向性も見えません。下院で承認されても、問題は上院です。相違が多すぎて、すんなりとはいかないとみられています。このような状況ですし、無理は禁物です。材料で判断はしたくありませんが、今は無理をしないほうがよいでしょう。

【ドル円:2017年の想定レンジ】

強気シナリオ115.25円~129.85円(17年末128.35円)/弱気シナリオ103.60円~118.75円(17年末104.70円)

【ドル円:11月の想定レンジ】

強気シナリオ123.30円~129.00円/弱気シナリオ103.65円~108.25円

Next: 予想外の好成績。著名ヘッジファンドの復活はどこまで本物か?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー