CMEグループ、12月11日にもビットコイン先物上場か【フィスコ・ビットコインニュース】

マネーボイス 必読の記事

アメリカのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)グループが取り扱いを予定しているビットコイン先物について、アメリカの規制当局からの許可が下り次第、早ければ12月11日には取引が可能となるとしている。

これに先立ち、CMEグループは最低取引単位(1枚)を5ビットコイン、値幅制限を最大20%と設定することを公表している。また、レッジャーXという仮想通貨取引所は、仮想通貨の先物やスワップ、オプション取引サービスを米商品先物取引委員会(CFTC)の認可を得て提供しており、11月19日には10,000ドルのビットコイン先物オプションを新たに提供することを明らかにしている。これは長期の先物オプション(Long-Term Equity Anticipation Security、LEAPS)で、最長では2018年12月までが期限となる。

アメリカではCMEの他にも、シカゴ・オプション取引所(CBOE)もビットコイン先物の上場を予定しており、やはり規制当局の許可を待っている状態だ。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい