ビットコインの将来をロスチャイルド系プライベートバンクはどう見ている?=房広治

ロスチャイルド系銀行のプライベートバンキング部門が顧客向けに発行するレポートに、「ビットコイン」についての興味深い分析が載っていたので紹介しよう。(『房広治の「Nothing to lose! 失う物は何も無い。」』房広治)

※本記事は有料メルマガ『房広治の「Nothing to lose! 失う物は何も無い。」』2017年11月26日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

プロフィール:房広治(ふさこうじ)
アメリカ、イギリス、香港など主要金融センターで著名な日本人投資家。留学中に外資系銀行に就職し、わずか10年で日本のインベストメントバンキングのトップに。投資家転向初年度に年率リターン90%以上の運用成績を出し、ファンドマネジャー・オブ・ザ・イヤーとなる。

ロスチャイルドが定義する「お金の条件」とビットコインの関係

ビットコインは信頼できるのか?大手銀の見解

日本でも名前が知られているロスチャイルド系銀行のプライベートバンキング部門が顧客向けに発行している『Market Perspective』の11月号に、ビットコインについての分析が載っている。

それによると、ロスチャイルドの定義する信頼性の高いお金とは、下記の3つの役割を備えているとしている。

  1. 価値を保管(Store Value)できる
  2. 評価尺度(Unit to account)となることができる
  3. 取引の手段となる

例えば、南アのランドやブラジルのリアルなど新興国の通貨は(1)と(2)が怪しく、数十年スパンで見ると、対ドルで価値が保存されていないということを表している。

ビットコインも急激な価値の下落をすることがあるため、(2)の評価尺度となるかが怪しいうえ、(1)の価値の保管ができているのかが怪しい。ゆえに(3)がどういうことかの説明はないが、ビットコインの後ろにあるテクノロジーは素晴らしいものである可能性があるとの指摘をしている。

ドイツ銀行もほぼ同じ内容の趣旨を発信し、顧客向けには、投資としての対象として考えるのは良いかもしれないが、果たして通貨と考えてよいものかとの見方を提示している。

二極化するビットコインへの評価

今年だけでも6倍の値上がりをしているビットコインに対する意見は、「将来性がある」というビットコインオーナーと、「怪しい」という銀行界とにまっぷたつに分かれている

【関連】逆に考えよ。いま世界が目撃しているのはビットコインバブルではない=房広治

現・楽天証券の前身である「DLJダイレクトSFG」の取締役を2000年から楽天に売却するまで務め、2006年から数年間FXのコンサルティング会社に投資していた私からすると、オンラインで手軽にできる投資と博打の境界線は「薄い点線」でしかない

だから、まだ「ビットコインは上がる」と思って投資をする人々はいるが、簡単に作れてしまうテクノロジーゆえに、1000以上の仮想通貨が存在するのではないかという気もする。さて、1回のマイニング(採掘)に1つの家庭の1週間分の電力がかかってしまうビットコインのテクノロジーを、素直に「すごい」と評価しても良いのだろうか――

続きはご購読ください


※本記事は有料メルマガ『房広治の「Nothing to lose! 失う物は何も無い。」』2017年11月26日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にご購読ください。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

<有料メルマガ購読ですぐ読める! 11月配信済みバックナンバー>

・モンゴルの復活(11/26)
・アメリカは遺伝子療法に期待(11/5)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

10月配信分
・イーロンマスクとリチャードブランソンが協力(10/25)
・特殊な投資の例(10/17)
・ビットコイン(10/10)

9月配信分
・インドと中国は2030年までにガソリン車の登録廃止(9/27)
・世界で一番高い薬(9/20)
・AI再考(9/13)

8月配信分
・トランプ大統領は4年もたない(8/27)
・イギリスは2040年までに全電気自動車化(8/25)
・パキスタン(8/19)

【関連】ビットコイン版「バブルの物語」いつか死ぬまで踊り続ける覚悟はあるか?=鈴木傾城

【関連】ビットコイン消滅?「暗号通貨の勝利」を確信するIMFラガルドが描く未来

【関連】プロ視点で考える「市川海老蔵さん、ビットコイン購入」のポイント=高梨彰

房広治の「Nothing to lose! 失う物は何も無い。」』(2017年11月26日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

房広治の「Nothing to lose! 失う物は何も無い。」

[月額864円(税込)/月 不定期]
世界の金融市場・投資業界で活躍する日本人投資家、房広治による、ブログには書けないお金儲けの話や資本市場に通用するビジネスマン・社長のあるべき姿などを、余すことなく書きます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー