バック・トゥ・ザ・日経平均~あの時叶わなかった4万円の約束をもう一度=武田甲州

バブル崩壊で消え去った日経平均4万円の夢ですが、ありえないとは言い切れなくなってきました。好調な業績を背景に、2020年には実現するかもしれません。(『週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム』)

※本記事は有料メルマガ『週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム』2017年11月27日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

次の大相場はバブルではない。まずは2018年内に3万円台回復へ

「日経平均4万円台」の夢

今からさかのぼること30年。1987~89年にかけての日本株市場は、未曽有の大活況相場でした。日経平均株価は2万円台乗せから3万円台、そして89年末には3万8,915円の大天井

誰でも4万円という初夢を信じていたのですが、上昇相場はもろくも崩れて1年であっという間に半値にまで値下がりしました。いわゆるバブル崩壊の始まりで、その後は不動産、金融は厳しい冬の時代を迎えたのです。

「1株利益1,500円」を引っさげて再チャレンジへ

そしていま、日経平均株価は再び2万2,000円台、一時的には2万3,000円台まで戻してきました。それでも割高だという言葉は出てきません。むしろ強気の人が多くなってきています。

理由は、日本企業の収益力・財務力が格段に向上してきたことです。数年前までの日経平均の1株利益は1,000円未満で推移してきましたが、足元では1,500円台まで上昇して過去最高水準です。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

2010年以降の年末の日経平均および日経平均の1株利益の推移は、格段に上がってきています。

<1株利益の推移>

2010年: 642.52円
2011年: 572.86円
2012年: 611.12円
2013年: 979.63円
2014年:1,093.41円
2015年:1,222.46円
2016年:1,181.36円
直近(11/24):1524.74円

ちなみに日経平均株価の各年末の推移は、こうなっています。

<日経平均平均株価の推移(年末時点)>

2010年:1万0,228.92円
2011年:  8,455.35円
2012年:1万0,395.18円
2013年:1万6,291.31円
2014年:1万7,450.77円
2015年:1万9,033.71円
2016年:1万9,114.37円
直近(11/24):2万2,550.85円

一目見ただけで、日経平均株価の1株利益と日経平均株価は相関関係が非常に高いということがわかります。

Next: 予想1株利益から2018~2020年末の日経平均株価を予想する

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー