日本アジア投資—福島猪苗代太陽光発電所で竣工式開催

マネーボイス 必読の記事5本

日本アジア投資<8518>は29日、パートナーと共同で開発していた、福島県耶麻郡のメガソーラー発電所において竣工式が開催されたことを発表。

該当発電所は、福島猪苗代太陽光発電所の名称で、最大出力は約1.2MW、年間予想発電電力量は一般家庭約400世帯分相当の約142万kWh。ゴルフ場の敷地内にある未利用の平坦な土地に建設されたという。好立地のため土地の造成コストが低く、4ヶ月程度という短期間で完工したようだ。9月に売電を開始したことを受け、今回の竣工式が開催された。

同社が投資をしているメガソーラープロジェクトは9月の時点で合計21件104.6MWだという。今後も各プロジェクトの事業化を進めるとともに、さらなる案件の開拓に努めていくとしている。同社はまた、高採算のプロジェクトへの投資機会が豊富にあるとして、一部のプロジェクトについては売却により早期に収益確保や投資資金回収を行い、その資金で再び新たなプロジェクトに投資を行うことで投資活動を加速し、収益性や資金効率を追求していくという。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー