毎月分配型投信、資金流出続く

エピックチャンス 発動中

「毎月分配型投信」の危うさについて当サイトでかねてより指摘し続けていますが(1/314/77/21付レポート参照)、今年は残高が減少の一途をたどっているようです。

 

日経新聞12/4朝刊1面にて、2017年は毎月分配型が17年ぶりに資金流出の年となりそうだと報じられています。

同記事によると、かつて毎月分配型は投信販売額の8割を占めていたものの今年10月末では3割を割り込んでいるそうです。

 

金融庁による是正効果が顕著に表れてきており、引き続き期待が持てそうですね。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー