安倍政権の命取りに?森友学園小学校の地下に眠る「最大のタブー」=近藤駿介

「命取り」になりかねない麻生副総理の国会答弁

麻生副総理は国会で「この土地は地下埋設物を考慮して評価され、すでに売却済みであり、実際に撤去されたかどうか契約上も確認を行う必要はないと考えている」と答弁している。

この答弁を額面通りに受け取ると、国は豊中市がヒ素や鉛という有害物質が含まれているとして「要措置区域」に指定されている土地に建設されている学校で、きちんと有害物質が除去されているかを確認するつもりもないということになる。

同時にこの答弁は、国にとって、国有地の売却価格が適正であったか否かよりも、掘り返して欲しくない事情があることを感じさせるものだったともいえる。

ヒ素と鉛で汚染された土地の上に小学校が建設され、その隣地には公園が整備されている。

ゴミの山の上に建てられる「瑞穂の國記念小學院」でどのような教育がなされるかが大きな話題になっているが、ヒ素と鉛がきちんと除去されているか確認されていない土地の上に小学校が建設されていることに対して、ほとんど批判が出てきていないということこそが、今回の問題の最も異常な部分だといえる。

「健全な魂は健全な肉体に宿る」というが、どんなに立派な教育をしたところで、健康に害を及ぼすとされるヒ素や鉛で汚染されている可能性のある土地に建つ小学校で学ぶ子どもたちに、健全な魂が宿るのだろうか。

土地の評価額が適正なものかは別にしても、有害物質がきちんと除去されているかを確認するのは行政の責任であるはずだ。こうした当然の問題がほとんど取り上げられない国会論戦を見ていると、与野党ともにこの問題には触れたくないのではないかと勘ぐってしまう。

「瑞穂の國記念小學院」の地下には、掘り起こしてはならない不都合な真実が埋められているのかもしれない。

『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』好評配信中

<初月無料購読ですぐ読める! 3月配信済みバックナンバー>

・国と森友学園 ~ 金の切れ目が縁の切れ目?(3/6)
「森友学園がゴミの撤去工事を行ったか否かに関わらず、契約上この土地の買い戻し価格1億3400万円で変わらない。しかし、国有地に戻されることになれば、国は本当に森友学園がゴミ撤去工事を――」

・FRB3月利上げ?(3/4)
「FRBの現状と経済情勢を鑑み、避けなければいけないリスクの優先順位を考えることができている人にとっては、FRBが3月利上げに動くのは自然のこと。3月に利上げをすれば、FFレートの誘導目標は――」

・トランプ大統領の初の議会演説 ~ 暫し休戦?(3/1)
「通常2月に行われる予算教書の公表が3月13日前後になっていたことから具体的な内容ではなくよりインパクトのある表現に留まることは想定の範囲内。目に付いたのはトランプ大統領が――」

<初月無料購読ですぐ読める! 2月配信済みバックナンバー>

・トランプ大統領議会演説を前に乖離し始めたもの(2/27)
・トランプ大統領就任1カ月~「Plan」から「Do」の段階へ(2/20)
・日銀総裁、You are fired!(2/16)
・「驚異的な税制改正」vs FRB(2/13)
・指値オペ、終わりの始まり(2/6)
・指値オペ~黒田日銀に明日はない(2/5)
・トランプ大統領円安政策批判(2/1)

有料メルマガ『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】森友学園と国の「危険な共謀」仕組まれたゴミ混入率が意味するものとは?=近藤駿介

【関連】突撃取材「家主の私がレオパレスを訴えた理由」集団訴訟はなぜ起きたか?=姫野秀喜

【関連】俳優の竹内力が広告塔「1000億円巨額詐欺」に関与した民進党元代議士とは?

1 2 3 4

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2017年2月26日)
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚

[月額3,996円(税込) 毎週月曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
時代と共に変化する金融・経済。そのスピードは年々増して来ており、過去の常識では太刀打ちできなくなって来ています。こうした時代を生き抜くためには、金融・経済がかつての理論通りに動くと決め付けるのではなく、固定概念にとらわれない思考の柔軟性が重要です。当メルマガは、20年以上資産運用、投融資業務を通して培った知識と経験に基づく「現場感覚」をお伝えすることで、新聞などのメディアからは得られない金融・経済の仕組や知識、変化に気付く感受性、論理的思考能力の重要性を認識して頂き、不確実性の時代を生き抜く一助になりたいと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい