2018年トレンドを先取り! 独断と偏見で選ぶ「投資経済 ウラ流行語大賞」=東条雅彦

経済分野のトレンド推移は、通常の「流行語大賞」からはわかりません。2017年を代表するキーワード、逆に注目されなくなったキーワードを整理してみましょう。(『ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』東条雅彦)

栄枯盛衰は世の習い、今年1年のトレンド推移を総復習しておこう

検索数で時代が見えてくる

2017年がまもなく終わります。本当にあっと言う間でしたね。今年は一体、どんな年だったのか? 今日は「グーグルトレンド」で確認しながら、2017年を振り返ってみたいと思います。

グーグルトレンドは、グーグルでの検索回数を元にして、最も検索回数が多かった時期を100%としてそれ以外の時期を相対的な値で示してくれます。

まずは、2017年ユーキャン新語・流行語大賞に選ばれた「忖度(そんたく)」と「インスタ映え」というキーワードについて、2016年1月1日から2017年12月23日までの検索傾向を調べました。

<グーグルトレンド「忖度」>

171228tojyo_1

さすが流行語大賞です。2017年に入ってから、急速に検索されています。おそらく「忖度(そんたく)とは?」という形で、言葉の意味を知るために検索した人が多かったのだろうと推測します。ちなみに忖度とは、「他人の気持をおしはかること」という意味です。

続けて、「インスタ映え」の方もグーグルトレンドで調べてみました。

<グーグルトレンド「インスタ映え」>

171228tojyo_2

「インスタ映え」というキーワードは、2017年の後半から一気に伸びてきました。ピークは流行語大賞を取った「2017年12月1日」です。

安倍首相は12月19日、内外情勢調査会で講演し、「地方活性化の鍵はSNSにあります。インスタ映えするとも言われています」と語りました。その前日の18日、安倍首相はInstagramを開始して、フォロワー数を瞬く間に6万人も獲得しました。

キーワード「インスタ映え」については、来年以降も流行が継続しそうです。

というのも、Instagramは写真がメインなので、今までの文字主体のSNSよりも気軽に始められます。スマホで写真を撮って、共有するだけです。友達に共有する情報を文章で書く必要はありません。しかも、共有情報は写真であるため、その国の言語も関係ありません。英語や中国語が話せなくても、世界中の人と繋がることができます。

Instagramの動向は、今後も要チェックだと思います。興味のある人は一度、自分のスマホにInstagramをインストールして試してみてください。Facebook、Twitter、LINEよりも、さらに敷居が低くて驚くと思います。

流行語大賞ノミネート30語

ちなみに今年、ユーキャンの流行語大賞にノミネートされた30語は次の通りでした。

・アウフヘーベン
・インスタ映え
・うつヌケ
・うんこ漢字ドリル
・炎上○○
・AIスピーカー
・9.98(10秒の壁)
・共謀罪
・GINZA SIX
・空前絶後の
・けものフレンズ
・35億
・Jアラート
・人生100年時代
・睡眠負債
・線状降水帯
・忖度(そんたく)
・ちーがーうーだーろー!
・刀剣乱舞
・働き方改革
・ハンドスピナー
・ひふみん
・フェイクニュース
・藤井フィーバー
・プレミアムフライデー
・ポスト真実
・魔の2回生
・○○ファースト
・ユーチューバー
・ワンオペ育児

個人投資家からすれば、「本当にこんなの流行っていたのかなー」と感じる言葉も多いかもしれません。

Next: 2017年を席巻した経済・投資分野のキーワードはこれだ

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー